株式市場とは


a0002_001045

株式の取引は主に各地の証券取引所で行われている。
東京、大阪をはじめとして、名古屋、札幌、福岡などがある。
中でも東京にある東京証券取引所(東証)が一番有名だろう。

みなさんも新聞などで、「おかげさまで、わが社は東証一部上場を果たしました!」という見出しを見かけているだろう。
東証の後につく、一部、二部というのは、野球でいうところの一軍、二軍です。二部にいても業績がよいと、一部に格上げされることがある。

そこで「東証一部」というのは、ひとつのステータスになっている。
企業がそこを目指すのは東証一部というだけで企業の認知度、信頼度が大きく上がるからだ。

わかりやすくたとえると、頑張って勉強して東大に合格するみたいなものだ。

もちろん、東証だけでなく他の証券取引所でも優秀な企業はたくさんあるが、東証一部は上場するための審査基準が非常に厳しいので、審査に通ることが非常にむずかしいのだ。
裏を返して考えれば、東証一部に上場していれば、優秀でつぶれにくい会社であることが多いともいえるかもしれない。

またこれらとは別に、「東証マザーズ」や「東証ジャスダック」のような新興市場がある。
ベンチャー企業や中小企業などを中心に構成されている。
会社の規模が小さいため、比較的値動きの激しい銘柄が多いので、株に慣れるまではおすすめできないだろう。
慣れるまでは東証一部の中から銘柄を選んだほうがよいと思う。

なので最初は東証一部の中から会社をチェックしていこう。