FPGAは、近年注目度が高まっているデバイスだ。エンジニア間での評価も高い。利便性に優れいていることから、今後も急速な普及が続くと考えられる。FPGAの需要急増により大きな恩恵を受ける銘柄をチェックしておきたい。
control-room-1782196_960_720

短期間での製品改良を可能に

binary-2007348_960_720
FPGAは、短期間での製品改良を可能にした。電子デバイスの利用が広がる中、市場で求められる新機能や高品質を備えた製品を製造するためには、素早い製品改良が必要だ。ところが、従来は市場でのニーズを把握してからカスタムLSIを準備する必要があった。準備には時間がかかり、製品が完成して市場に出せるタイミングにおいて、すでに市場のニーズが変化していることが懸念された。

また、開発コストがかさむことも課題であった。いっぽう、FPGAの登場により、製品開発にかかる時間と費用が削減された。市場のニーズに迅速に応える製品を提供できることで、売上増につながる。削減できた開発費を利益の上乗せや販売価格の引き下げに活用できるメリットもある。結果として製品売上が上がればFPGAの需要がさらに伸びることとなる。

回路変更を柔軟に行える

binary-2170630_960_720
FPGAには、回路が設定されていない。したがって、回路を設定済みのカスタムLSIと比べて、トータルの製造数が多くなる。カスタムLSIでは必要な回路を1つずつ装備する必要があり、1種類当たりの製造数量が限られてしまうのだ。FPGAはユーザー自らが回路の設定工程に取り組むことができる。したがって、FPGAを製造・販売する段階では幅広いユーザーの需要を取り込める。

製造数が多いためスケールメリットによりコスト削減ができる点もFPGAのメリットだ。また、回路を柔軟に変更できるため、製品の試作段階でもFPGAを活用できる。エンジニアがより気軽に試作に取り組みやすくなることで、革新的な機器が誕生する可能性が高まっている。新機器開発が進めばFPGAの需要にも反映される。

FPGA関連銘柄が注目されている理由とは?

monitor-1307227_960_720 (2)
FPGA関連銘柄は、電子デバイスの普及が急速に進んでいることにより注目されている。電子デバイスの製造数量が増えれば、FPGAの需要も高まるからだ。先進諸国でもスマート家電の登場などが追い風となっているうえ、新興諸国ではスマートフォンなどの電子デバイスを新たに所有する層が増えてきている。さらに、インターネットの普及により消費者が多様なニーズを満たす製品を求めていることも、FPGAへの注目度が高まっている背景として指摘できる。

製品開発のペースを早め、市場のニーズにタイムリーに対応した製品を送り出すためには、FPGAが大きな役割を果たす。電子機器メーカーが自社製品の満足度を高めるためにも、FPGAを活用した高効率の開発により力を入れるのではないか。

福ちゃん注目のFPGA関連銘柄

【4736】日本ラッド(株)

東京都港区に本社を置く。
システムインテグレータであり、FPGA技術に力を入れている。ビッグデータビジネスにも取り組み、トレンドとなるビジネスに経営資源を集中させる方針だ。FPGAやビッグデータへの関心が高まる勢いに乗って業績を大きく伸ばせるかに注目したい。

【9739】NSW

東京都渋谷区に本社を置く。
システム開発ビジネスに取り組んでいる。半導体の設計にも積極的に取り組んでおり、新技術のFPGAを活用しビジネスを拡大できる可能性がある。業績が変動しやすいシステム開発系企業だが、安定した黒字経営を続けている。

【7587】(株)PALTEK

神奈川県横浜市に本社を置く。
半導体を扱う商社である。FPGAの取り扱いが多いことから、FPGA需要が急増すれば業績急伸が期待できる。海外の半導体メーカーと取引していることから、為替レート変動の影響を受けやすい点は要注意だ。また、売上増でも利益率を確保できるかに注目したい。

【6918】(株)アバールデータ

東京都町田市に本社を置く。
半導体製造装置ビジネスに取り組んでいる。FPGAの導入により半導体の利便性が高まれば、製造装置の需要も高まると考えられる。性能向上が製造数量を抑える半導体ビジネスの課題を克服できるだけの需要増が見られるかを注視すべきだ。

【4783】日本コンピュータ・ダイナミクス(株)

東京都品川区に本社を置く。
システム開発ビジネスに取り組んでいる。駐車場管理システムにも取り組んでおり、事業の多角化が一定程度行われていると言える。FPGAの普及によりシステム開発をより効率よく行うことができれば、開発コストの削減が利益を押し上げる可能性がある。

【4063】信越化学工業(株)

東京都千代田区に本社を置く。
塩化ビニル樹脂や半導体ビジネスで国際的に高いシェアを誇っている。いずれも需要変動が大きい。半導体ビジネスはFPGAが業界で高く評価されており、利用が進めば需要増が期待できる。高シェア企業だけに需要増に対応しやすいと考えられる。

【3687】(株)フィックスターズ

東京都品川区に本社を置く。
ソフトウェアビジネスに取り組んでいる。開発コストをいかにして抑えるかが同社の業績を左右する。新ソフト開発に向けた投資の抑制には限界があり、FPGA登場によって開発レベルを維持しつつコストを削減できれば朗報だ。

福ちゃんのまとめ

digital-388075_960_720
FPGAは半導体を利用するビジネスの開発コストを大きく下げるうえで有用だ。市場ニーズに合った製品開発にもつながるため、関連銘柄への資金流入が想定される。