今話題になっているオートファジーについて少し説明しよう。

オートファジーとは。

オートファジー (Autophagy) は、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つ。自食(じしょく)とも呼ばれる。酵母からヒトにいたるまでの真核生物に見られる機構であり、細胞内での異常なタンパク質の蓄積を防いだり、過剰にタンパク質合成したときや栄養環境が悪化したときにタンパク質のリサイクルを行ったり、細胞質内に侵入した病原微生物を排除することで生体の恒常性維持に関与している。このほか、個体発生の過程でのプログラム細胞死や、ハンチントン病などの疾患の発生、細胞のがん化抑制にも関与することが知られている。auto-はギリシャ語の「自分自身」を表す接頭語、phagyは「食べること」の意。
期待される効果としては、細胞のがん化抑制みたいだ。

細胞内で役目を終えたたんぱく質を掃除するオートファジーの働きを解明した東京工業大学の大隅良典栄誉教授にノーベル賞受賞が期待されている。

今後もノーベル賞関連で期待できる銘柄を紹介しておこうと思う。