AI人工知能関連が東京株式市場で一段とテーマ性を強めている。最近のAI関連銘柄の人気化の背景には米半導体大手企業のNVIDIAの存在が大きいと考えている。今注目のAI人工知能関連柄を解説していくので是非チャックしてもらいたい。
binary-1872284_960_720

AI人工知能関連銘柄として脚光浴びるNVIDIA

computer-1339867_960_720 (1)
AI人工知能関連銘柄として今最も注目を浴びているのがNVIDIAだ。NVIDIAはコンピューターの演算処理の高速化に貢献するGPUを開発し、AI人工知能関連のとして注目されている。

AIを一気に注目させたのが、人間の脳を模したニューラルネットワークを駆使するディープラーニングであり、これが人間によるインプットを必要とせずにAI人工知能が自らが学習し、進化を遂げ、飛躍的な生産性向上を実現させる技術革新となった。

その際、画像処理に特化した半導体部品で多くの計算式を同時に並列処理できるGPUがディープラーニングの進化を加速させる役割を担った。このことで世界でエヌビディアが注目されるゆえんであると考えている。

日本のAI人工知能関連銘柄にも影響

binary-1536651_960_720
NVIDIAは2016年11月に日本サードとディープラーニング用スーパーコンピューターの保守契約を結んでいる。これを材料に、日本サードは連日のストップ高に買われた経緯があることは覚えているだろう。日本サードはその後も、AI人工知能関連として、投機資金の流入が続いている状態だ。

自動運転分野との融合

drive-1555615_960_720
自動運転分野ではAI人工知能が搭載が必須であり、市場規模も一気に拡大していく可能性が高いと考えている。

昨年は、AI人工知能関連の市場規模は4兆円に満たないレベルだったが、東京五輪開催年の2020年には24兆円前後に膨らみ、さらに自動運転車の普及加速を背景に30年には80~90兆円にまで拡大すると予想されている。

トヨタ自動車をはじめとする大手自動車メーカーなどが相次いでAI人工知能研究機関を設置し、AI人工知能分野の開発を日々行う流れになると予想している。
米フォードやテスラモーターズなど米国内大手との提携はもとより、NVIDIAが17年の年明け早々に独ボッシュやメルセデス・ベンツと提携して基盤を固めているのも自動車業界がAI人工知能に力を入れようとしている証拠だ。

今後もNVIDIAの一挙手一投足に、自動運転分野以外の市場も含めマーケットの熱い視線が注がれることは必至といえる。

注目のAI人工知能関連銘柄

【3655】(株)ブレインパッド

東京都港区に本社を置く。
ブレインパッドは、企業データを分析し販促に活用するデータマイニング提供を行なっている企業だ。AI分野を得意としディープラーニング技術などの研究開発で業界を先駆していることもあり注目されている。このことでAI人工知能関連銘柄として注目だ。

【6050】イー・ガーディアン(株)

東京都港区に本社を置く。
イー・ガーディアンは主に、SNS等の目視監視や運用支援を行う企業だ。ゲーム利用者からの問い合わせ対応の代行や、広告審査も行なっている。AI人工知能分野では、AI型画像認識システムを幅広く展開するしていることもありAI人工知能分野で期待されている企業だ。

【3914】JIG-SAW(株)

東京都千代田区に本社を置く。
JIG-SAWは、クラウドやサーバーを対象にした自動監視システムを展開している企業だ。人工知能(AI)技術を駆使したデータ制御などの運用を行なっており、マーケットではIoT時代の到来を受けJIG-SAWの活躍余地が広がるとの見方も強いことからAI人工知能関連銘柄として期待できる。

【6182】(株)ロゼッタ

東京都千代田区に本社を置く。
ロゼッタは、人工知能とWeb検索活用の自動翻訳サービスソフトを提供している企業だ。AIを用いた自動翻訳ソフトを手掛け、その制度はかなりのものだという。このことからAI人工知能関連銘柄として今年から注目を浴びている。

【2488】日本サード・パーティ(株)

東京都品川区に本社を置く。
日本サード・パーティは、外資系を主体に情報機器ハードソフト保守からIT研修等を主に行う企業だ。米NVIDIAのディープラーニングシステム「DGX-1」を24台導入し保守サポートを開始するとして、AI人工知能関連分野に力を入れていることから注目できる。

【6840】(株)AKIBAホールディングス

東京都中央区に本社を置く。
AKIBAホールディングスは、自社開発のフラッシュメモリーを販売するほか、メモリー製品を幅広く展開しており、半導体メーカーでコンピューターの演算処理の高速化に貢献するGPUを開発しAI人工知能関連として注目される米NVIDIA関連としてにわかに注目を浴びている。このことからAI人工知能関連銘柄として期待できる銘柄だ。

株大臣のまとめ

robot-1797548_960_720
AI人工知能関連銘柄は、日々変動し続けるテーマ株となっているため常に情報を最新のものにする必要がある。米半導体大手企業のNVIDIAが騒がれていることで日本のAI人工知能関連銘柄に影響が出てきているぞ。AI人工知能関連銘柄は長期的に今後も期待できるテーマ株なので注目しておいて損はないはずだ。