10月3日からのノーベル賞発表を控え製薬関連株が軒並み上昇傾向だ。
その中でも本命の【4528】小野薬品工業をもう一度おさらいしておこう。

【4528】小野薬品工業

大阪市中央区に本社置く。
医療用医薬品専業の中堅。自社開発品多い。
がん免疫薬「オプジーボ」でがん領域に参入してきた企業だ。

ノーベル賞候補の本庶佑氏が開発の根幹にかかわっている。
本庶佑氏なしにはオプジーボの創薬はなかったと言って過言ではない。
16年度の抗がん剤「オプジーボ」の新規使用患者は約1万5000人と推定されている。
17年には新規使用患者がもっと増えると考えられる。
今回の本庶佑氏がノーベル賞を受賞が濃厚になってきている。
ノーベル賞を受賞した場合、さらに株価の高騰が考えられる。
今後の動向から本命といってもいい銘柄だ。

※免責事項※
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の
推奨や投資助言では御座いません。
あくまでも筆者による個人的見解であり、
筆者が個人的に判断した情報に基づき
構成されております。
その正確性について、
保証などするものではありません。
株式投資は自己判断と自己責任に
よるものであり、
当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は
一切の責任を負いかねますことをご了承ください。