先日、お伝えした2017年上がる銘柄だが少しは参考になっただろうか?今回はもう少し別の銘柄をお伝えしたいと思っている。

今年一番最初のイベントといえば、2017年1月20日に時期アメリカ大統領にトランプ氏の正式な就任式がある。トランプ氏といえば、過激な発言がクローズアップされたりとガキ大将的なイメージがある。ドナルド・トランプ氏が大統領になり、世界経済にどう影響が出るのか、そして今年一年の株式相場がどう動くかぜひ2017年上がる銘柄、テーマ株をチェックしてもらいたい。
silvester2017-1750522_960_720

2017年テーマ株一覧

road-sign-63983_960_720
数多く存在しているテーマ株の中から、株大臣が2017年注目されると予想しているテーマ株を紹介しよう

・人工知能(AI)関連銘柄

・トランプ関連銘柄

・インフラ関連銘柄

・自動運転関連銘柄

・半導体関連銘柄

・フィンテック関連銘柄

・IoT関連銘柄

・カジノ関連銘柄

2017年注目の銘柄

【7735】(株)SCREENホールディングス

京都府京都市に本社を置く。
SCREENホールディングスは、2016年12月に東京ビックサイトで開催された「セミコン・ジャパン」などでも注目されている半導体関連銘柄企業だ。

2017年はIoT、VRなどの普及によってスマートフォンなどの端末が高機能化していく事が予想されており、半導体関連銘柄はかなりの恩恵を受けると考えている。SCREENホールディングスは2017年上がる銘柄として十分期待できる。

【6758】ソニー(株)

東京都港区に本社を置く。
ソニーは、2016年10月にプレイステーションVRを発売しており、VR関連銘柄として注目を浴びている企業だ。
2016年は元年と呼ばれており、株式市場を大きく騒がせたぞ。このVR元年に、ソニーは、プレイステーションVRを発売しており、VR関連銘柄として注目を浴びた。

2017年はさらにVR技術が向上され、世界中でVRが注目されると予想しており、VR関連銘柄は、急騰が期待できるのではないかと予想している。2017年上がる銘柄として注目して損はないだろう。

【9984】ソフトバンクグループ(株)

東京都港区に本社を置く。
ソフトバンクグループは、言わずと知れた携帯通信企業だが、様々な事業展開している。その中の一つとして人工知能関連にも力を入れている。ソフトバンクが開発した人工知能ロボットペッパーが有名だ。このソフトバンクの人工知能技術は様々なところで応用されており注目を浴びている。2017年上がる銘柄として人工知能関連銘柄は外せないだろう。

2016年はこれまでで最も人工知能(AI)関連銘柄に注目が集まった年と言えると思うが、この勢いはまだまだ終わらないだろうと考えている。ソフトバンクも2017年上がる銘柄として期待できる銘柄だ。

ドナルドトランプ関連銘柄

【6301】コマツ

東京都港区に本社を置く。
建設機械で世界シェア2位の企業だ。時期アメリカ大統領のトランプ氏は、公約としてインフラ投資に関する発言をしている。政策としてインフラ投資を中心に考えて、米国売上高比率が35%という実績を持つコマツが有力だろう考えている。

交通インフラや公共投資などの事業展開していることから、ドナルドトランプ関連銘柄としてかなり期待できる銘柄になっている。

【1414】ショーボンドホールディングス(株)

東京都中央区に本社を置く。
ショーボンドホールディングスは、道路や鉄道をはじめとしたインフラの補修や補強を手がけている企業だ。ドナルドトランプ氏が大統領に選ばれた時も株価上昇を見せている。米国展開も行う企業などで十分期待できるドナルドトランプ関連銘柄ではないかと考えている。

株大臣のまとめ

ford-223124_960_720
2017年に株式市場がどう動きのかは投資家の皆様ならもちろん気になるところだろう。今年最初のイベントとしてまず1月20日にトランプ氏のアメリカ大統領就任式が行われる。

このアメリカ大統領就任式でトランプ関連銘柄がもちろん注目されると予想している。2017年上がると予想される銘柄、テーマ株をしっかり頭に入れ投資に役立ててもらいたい。