電線地中化関連銘柄

街を歩いている際に、ふと空を見上げてみれば電線には鳥の姿。そんな光景も日本ならではというのはご存知だろうか。特に欧米諸国では滅多にみることができない。なぜなら電柱が地中に埋められているからだ。そんな当たり前を日本でも導入しようとする動きが活発化している。

電線地中化

そもそもなぜ、電柱が街中に何本も立っているのがいけないのだろうか。その原因のひとつとして挙げられるのが景観の悪化だ。冒頭でも説明したように欧米諸国(特にドイツ)では街を歩いてみると電柱が立っていないことが分かる。確かにあの綺麗な街並みに電柱がある方が不自然に感じるかもしれない。さらに災害時における倒壊のリスクも考えられる。日本は世界屈指の地震大国。そんな危ない国で電柱が何本も立てられているのかと考えると、ゾッとするのではないだろうか。

電線地中化が市場で注目される理由とは?

それではなぜ、今再び電線地中化計画が浮上してきたのか。その大きな要因は2020年に開催を予定している東京オリンピックだろう。当然世界中から人が集まる大会において整備計画は必須となる。それに伴って、政府は制度整備に着手することが報じられている。まずは法改正を進めることが先となっているが、電気事業者の工事費用に対する補助金制度を新設するなど、実現に向けて着々と準備が進んでいる。

電線地中化関連銘柄・関連記事&材料

電線地中化に関係してくる記事は過去にもいくつか紹介している。
オススメ材料と併せて、是非とも見てほしい。

電線地中化関連銘柄

東京都議会選関連銘柄

2017年下半期上がる銘柄

 

電線地中化関連銘柄・福ちゃん注目の直近チャート

<5287>イトーヨーギョー

<5289>ゼニス羽田ホールディングス

<4231>タイガースポリマー

<5801>古河電気工業

<1942>関電工

電線地中化関連銘柄・福ちゃん的解説

電線地中化関連銘柄 <5287>イトーヨーギョー

高強度コンクリート製品の製造・販売を主力としている同社。他にも空調・給排水設備等の販売・施工・保守や不動産関連事業などを手掛けている。最近では関東や東北といった公共事業の需要が増加したことにより、増収を果たしている。また、同社は電線地中化に関連する商品の販売も行っており、このことからも電線地中化関連銘柄として注目できる。

電線地中化関連銘柄 <5289>ゼニス羽田ホールディングス

コンクリートなどの製品事業を主力としている同社。主に、マンホール、雨水対策システム、落石防護柵などを手掛けている。最近ではゲリラ豪雨などが頻発していることもあって、需要は拡大傾向にある。また同社の第一中期計画においても電線地中事業の技術的ノウハウを持っていると明言しており、電線地中化関連銘柄として期待は大きい。

電線地中化関連銘柄 <4231>タイガースポリマー

樹脂ホース・自動車部品の大手で、家電用ホースにおいて高シェアを誇っている同社。海外売上高比率は5割で、最近では土木用ホースに注力している状況。メキシコでは自動車部品、マレーシアでは家電用ホースとそれぞれで販売量が増加。また同社は地中埋設用ケーブル防護管を扱っており、電線地中化関連銘柄として注目度は高い。

電線地中化関連銘柄 <5801>古河電気工業

通信用・電力用電線メーカーの大手で、光ファイバ・ケーブルで世界トップクラスのシェアを誇っている同社。国内では新車向け自動車部品が伸び、スマホや電子部品向けの巻線が好調を維持している。また同社は昨年6月から地中埋設用ケーブル保護管の販売を開始している。こういった背景からも、電線地中化関連銘柄として期待できる。

電線地中化関連銘柄 <1942>関電工

関東を中心に総合電気設備工事、再生可能エネルギーによる発電事業などを展開している同社。過去には東京スカイツリーなどで施工実績を持っている。また同社は電線地中化工事を請け負うための専門チームを立ち上げており、奇しくもオリンピックが開催予定となっている関東地方を中心に事業を展開している。電線地中化関連銘柄として外せない銘柄だ。

電線地中化関連銘柄・福ちゃん的まとめ

2020年に予定されている東京オリンピックに向けて、街の景観整備計画は急務となっている。特に欧米諸国を中心に当たり前となっている電線地中化に向けた話し合いはいよいよ本格化してきた。京都など国内の一部でも電線地中化が実施されてきたが、今後はさらに活発化していくことが予想される。