電子決済とは、直接現金をやり取りせずに電子的に行われる決済を意味する。具体的には、クレジットカードや電子マネー、仮想通貨取引などが挙げられる。近年では仮想通貨関連ビジネスが増加していることもあり、新たな電子決済手段として注目されている。
plastic-card-1647376_960_720 (2)

現金取引の手間を嫌う人が増加する可能性が高い

golden-dollar-1703161_960_720
高齢者は現金払いを好む傾向があるいっぽうで、若者は手軽な電子決済を積極活用している。したがって、今後、消費世代が交代するのに合わせて、現金取引の手間を嫌う人の割合が増える可能性が高い。

結果として、電子決済率が高まると考えられる。日本では消費税率の引き上げが見込まれており、消費税相当額の端数が変化する。結果として税込み価格が中途半端になるケースが増え、現金で小銭を払う手間が増加している。電子決済であれば価格が端数かどうかに関わらず、スムーズに支払いを済ませることができる。店舗側としても釣銭を準備する手間が省けるメリットがある。

電子マネーに事前入金する手間を嫌ったり、クレジットカードの安全性に不安を感じたりしている層でも、お得感の強い電子決済手段が増えることで着実に現金離れが進みそうだ。

仮想通貨の普及が進めば電子決済には追い風

bitcoin-495995_960_720 (1)
ビットコインをはじめとする仮想通貨が、徐々に普及しつつある。仮想通貨が幅広く決済に活用される時代が来れば、電子決済には強い追い風となるだろう。というのも、従来の電子決済の弱点は、手数料がかさむことであった。特に、高額の取引に活用されることが多いクレジットカードは手数料が高めであり、中小店舗がクレジットカード決済に対応することは困難であった。

また、外国人観光客などが持つクレジットカードでは決済できないケースも見られた。仮想通貨による決済が一般化すれば、より多くの消費者と販売者が電子決済を活用した取引を行いやすくなる。仮想通貨に関する法整備が各国で進められていることから、電子決済に対する追い風は着実に強まっていると言える。

電子決済関連銘柄が注目されている理由とは?

credit-card-machine-1776539_960_720
電子決済では、高額の取引でも現金を直接受け渡しする必要がない。したがって、盗難等の犯罪に巻き込まれるリスクを下げることができる。また、電子決済の分野では、コスト削減が進められている。さらに、手軽に記録を残せることも電子決済のメリットである。消費者側からすれば、家計簿をつける手間を軽減できるのだ。様々なメリットがある電子決済は、仮想通貨技術の発達によって注目度を高めている。

国際的な取引が増えていることや、クレジットカードの審査に通らない層も電子決済の利便性に関心を抱いていることなどを考えると、仮想通貨の普及により電子決済の割合が高まることが予想される。Eコマース市場も拡大していることから、電子決済関連銘柄には資金が流入しやすい環境が整っていると言える。

福ちゃん注目の電子決済関連銘柄

【2428】ウェルネット(株)

東京都千代田区に本社を置く。
コンビニエンスストア等で決済を行うサービスを提供している。電子マネーサービスにも取り組んでおり、幅広い電子決済ビジネスに関わっている。コンビニ決済はネット通販の普及により伸びる分野であり、今後さらなる成長が期待される。

【3623】ビリングシステム(株)

東京都千代田区に本社を置く。
近年、スマホ向けの決済サービスを投入した。スマホの普及によりPCではなくスマホで買い物等をするケースが増加し、成長が見込める分野だ。さらに、ネットを通じた投資をする人も増加しており、即時入金サービスも好調である。

【3769】GMOペイメントゲートウェイ(株)

東京都渋谷区に本社を置く。
GMOグループ企業であり知名度が高い。ECサイト等での決済処理サービスを行っている。地方自治体向けのサービスも提供しており、税金等の電子決済率が高まれば収益拡大が見込める。海外向けビジネスにも取り組んでおり、電子決済の国際的な需要拡大を取り込める可能性がある。

【3031】(株)ラクーン

東京都中央区に本社を置く。
「スーパーデリバリー」という企業間の電子商取引サービスを提供している。取引商品は衣料品や雑貨品である。電子決済が進めば手数料が削減できる等のメリットが生じ、企業間のEコマース市場の拡大が期待される。

【4819】(株)デジタルガレージ

東京都渋谷区に本社を置く。
ベンチャー投資などに加えて、決済ビジネスにも取り組んでいる。カード会社との取引も行っており、決済サービスの周辺分野にも積極的な取り組みが見られる。カカクコム株を保有しており、電子決済普及に伴うネット通販利用増加の恩恵が見込まれる。

【4304】(株)Eストアー

東京都港区に本社を置く。
Web上での店舗運営を支援するビジネスに取り組んでいる。法人のみならず、個人でもネット通販サイト上で店舗を開設する人が多数みられる。電子決済の拡大に伴って入金までのタイムラグが短くなるなど、ネット店舗を展開するハードルは下がると考えられる。

【3630】(株)電算システム

岐阜県岐阜市に本社を置く。
情報処理サービス開発に取り組む企業である。電子決済を含めた決済サービス関連では、収納代行ビジネスに力を入れている。情報処理サービスを開発する力を有しているため、電子決済の種類拡大に対応した新サービスの提供を行いやすいと言える。

福ちゃんのまとめ

holiday-shopping-1921658_960_720 (2)
電子決済関連銘柄は、仮想通貨の普及が進めばさらに注目が増すと考えられる。また、仮想通貨に依存せずとも、電子マネーやクレジットカードの利用率は高まっており、成長性は十分見込める。