株式市場で自動運転銘柄が注目されている。12月22日にホンダが、完全自動運転について、米ネット検索大手企業のGoogleと共同研究を始めると発表した。このことで自動運転銘柄が注目されている。ぜひ自動運転銘柄をチェックしてもらいたい。
honda-1596081_960_720

ホンダとGoogleが共同研究開始

google-485611_960_720
12月22日にホンダは、人がまったく運転する必要のない完全自動運転を、米ネット検索大手のGoogleと共同研究を始めると発表した。この発表は、ホンダが提供する車にグーグルの人工知能などを搭載し研究するものだという。米国内で実走実験を繰り返し、自動運転のノウハウを共有するとしている。

ホンダの開発子会社、本田技術研究所と、Googleの持ち株会社傘下で自動運転の開発を担う子会社のウェイモが、共同研究を始める契約をした。
ウェイモの自動運転用のセンサーやAIをホンダ車に搭載し研究を行う。テスト地域は、ワシントン、カリフォルニア、テキサス、アリゾナの4州だ。この地域を走らせ、AIの開発に必要なデータなどを集める。どんなデータを共有するかなど、詳細は今後、両社の技術チームで詰めるもようだ。

ホンダ、Googleの自動運転

honda-1713600_960_720
ホンダは、高速道路に限った自動運転を2020年ごろに実現させる目標を掲げているが、トヨタ自動車などに比べると開発資金に限界がある。自動運転用AIの開発で先行するグーグルと組むことで、研究開発の一部を補う狙いがあると考えている。

Googleは、走行実験で自動運転を学ばせたAIを核にした完全自動運転システムを、自動車メーカーなどに売り込むことを狙っているとみられる。今年5月には、フィアット・クライスラー・オートモービルズとも提携し、同様の共同研究を進めている。

自動運転が注目されている理由

touring-car-930917_960_720
自動運転市場に関しては、現在はそれほど市場が大きくないものの、今後市場が拡大していくと予想されている。
先進国でいえば、高齢化が進む中で、高齢者であっても安心して自動車に乗れるような環境づくりに自動運転車が貢献することが期待される。
一方、発展途上国については、道路整備が追いついておらず、都市部を中心に慢性的な渋滞が問題となっている。自動運転車の導入によって、車間距離を最適な水準に調整することができれば、追突などの事故を減らすことに加えて、渋滞の緩和にもつながるのではないかと考えられている。

このことから自動運転が世界的に注目されている理由がわかる。近い将来、人が運転しない自動車が街中を走ると考えるとなんだかワクワクする。

注目の自動運転関連銘柄

【7267】ホンダ

東京都港区に本社を置く。
ホンダは言わずと知れた自動車、バイクメーカーで、自動車シェア世界8位、バイクシャア世界首位の大手企業だ。完全自動運転について、米ネット検索大手企業Googleと共同研究を始めると発表していることで注目を浴びている。このことで自動運転銘柄として注目できるぞ。

【4667】アイサンテクノロジー(株)

愛知県名古屋市に本社を置く。
アイサンテクノロジー(株)は、測量、土木ソフト開発販売している企業だ。2015年に内閣府の委託事業「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)自動走行システム」の検討課題のひとつである「自動走行システムの実現に向けた諸課題とその解決の方向性に関する調査、検討におけるダイナミックマップ構築に向けた試作、評価に係る調査検討」を受託した。このことにより自動運転銘柄として注目され始めている。ぜひ自動運転銘柄としてチェックしてもらいたい。

【6723】ルネサスエレクトロニクス(株)

東京都江東区に本社を置く。
ルネサスエレクトロニクス(株)は、車載用マイコンの製造販売が世界首位で、パワー&アナログ半導体も強化している企業だ。先進運転支援システム向けに、サラウンドビューシステムの初期開発に最適な開発キット「ADASサラウンドビューキット」を発売し、さらに自動運転には欠かせない、車載情報機器用SoC向けに新しい回路技術を開発している。自動運転に欠かせないシステムを開発していることから、自動運転関連銘柄として外せないだろう。

【2432】(株)ディー・エヌ・エー

東京都渋谷区に本社を置く。(株)ディー・エヌ・エーはスマートフォンのゲーム開発を主にいこなう企業だが、以前から話題になっている、ZMPと合併会社ロボットタクシーを設立したことで自動運転銘柄として注目されるようになった。ZMPの話題や自動運転の話題時に株価が動いていることから個人的に注目している自動運転銘柄だ。

【9908】 Denkei

東京都千代田区に本社を置く。
電子計測器専門商社で国内シェアトップの企業だ。自動運転に必要な電子計測器を主に開発しており、自動運転には欠かせない企業と言える。このことで自動運転関連銘柄としてオススメする。

株大臣のまとめ

car-1262350_960_720
ZMPの上場廃止や、今回のホンダとGoogleの共同研究の発表など、最近巷を賑わせている自動運転だ。どの企業も本腰を入れて自動運転市場に参入してきている。米自動車会社のテスラが市街の自動運転を成功させていることなど、いよいよ身近に感じてきている。自動運転銘柄をしっかりとチェックして今後に役立ててもらいたいと思う。