監視カメラ関連銘柄

監視カメラは、テロ等の犯罪が起こった際に犯人を特定する上で役立つ。また、犯罪者にストレスを与えるなどして、犯罪を未然防止する効果も見られる。監視カメラは近年増加している。不快感を覚える人もいるが、安全性向上のために欠かせない設備となりつつある。
monitoring-1305045_960_720

テロ多発で監視カメラ需要が高まる

camera-1124585_960_720
近年、世界各地でテロが多発している。警備が手薄になりがちな中堅国だけでなく、主要先進国でもテロを防ぎきれない現状が露呈しているのだ。イスラム国(IS)の思想に感化される若者が後を絶たないことから、今後も世界はテロのリスク軽減に努める必要がある。

特に、空港など多くの人が集まる場所は、テロの標的になりやすい。そのため、監視カメラの設置台数を増やすなどして、不審な行動に対する抑止力を高める流れが強まっている。また、有事の際に監視カメラ画像を分析し、犯人の特定につなげることも可能だ。

実際、金正男氏がマレーシアの空港で殺害された際には、監視カメラ画像が容疑者の絞り込みに貢献したとみられる。日本国内でも2020年東京五輪を含めたビッグイベントの安全性を高めるべく、監視カメラ網の強化がなされることとなろう。

AIを活用した不審者の発見技術が向上中

camera-1651459_960_720
監視カメラは従来、人間の目で不審者を探し出したり、存在を示すことで犯罪を抑止したりする働きをしていた。しかし現在ではAI(人工知能)を活用することで、不審な行動をする人物を発見できる可能性が高まっている。

人間の目で膨大な数の監視カメラをチェックし、不審者を早期発見することは現実的に困難である。また、監視カメラの多くは犯罪抑止効果を狙ったものであり、リアルタイムで人間が監視していないケースも少なくない。

近年技術が進歩しているAIに監視カメラ画像を24時間体制で分析させれば、危険人物を特定し、集中的に監視することができる。もっとも、AIの活用を逆手にとって本来注目すべき人物から注意をそらすなど、犯罪者側が対策を講じる可能性もある。AIを効率よく活用して監視カメラの能力アップを続けることが今後の課題だ。

監視カメラ関連銘柄が注目されている理由とは?

blur-1866950_960_720
2017年に入ってからも、テロは続発している。ロシアのプーチン大統領が滞在している地域で地下鉄が爆破されるなど、テロリストの能力が向上していることは否定できない。北朝鮮やシリアなど、情勢が不安視されている国や地域もあり、監視カメラに対する需要は高まると言えよう。

特に防犯対策が遅れている新興諸国で、今後急速な需要増が期待される。また、国内に目を向けると、訪日外国人観光客の増加で、外国人が空港等の人が多く集まる場所にいても違和感を持ちづらくなっている。旅行者に紛れ込む形で犯罪者が入国するリスクが高まっているのだ。

2020年には東京五輪の開催も控えている。日本が世界からの注目を集めるタイミングで、何らかの攻撃を受ける可能性もある。監視カメラ関連銘柄への注目は定期的に高まると考えられる。

福ちゃん注目の監視カメラ関連銘柄

【6752】パナソニック(株)

大阪府門真市に本社を置く。
大手家電メーカーである。シャープや東芝など同業他社が大きなトラブルを抱える中、おおむね好調な業績を示している。監視カメラ需要が高まれば収益安定度が一段と高まることが期待される。住宅事業など事業の多角化も進行中だ。

【7751】キヤノン(株)

東京都大田区に本社を置く。
プリンター等の事務用機器の製造に通り組んでいる。カメラビジネスや事務機ビジネスは市場の縮小・成熟によって収益が見込みづらくなっている。東芝からメディカル機器ビジネスを買収するなど新たな収益の柱を模索中だ。

【6771】池上通信機(株)

東京都大田区に本社を置く。
業務用カメラビジネスに取り組んでいる。医療用のほか監視カメラビジネスも行っているため、監視カメラ需要拡大が業績アップにつながる。アジアを中心とした海外でのビジネスにも前向きで、国際的なテロ増加に伴う監視カメラ新規導入需要を取り込める可能性がある。

【3076】あいホールディングス(株)

東京都中央区に本社を置く。
防犯カメラシステムの運営で定評がある。防犯カメラは機器を設置するだけではなく、適切な運営を行うことで効果が高まる。人材不足が叫ばれる中、効率的に犯罪を抑止できることが防犯カメラに求められており、システム運営に対する高度な要望を収益につなげやすい環境だ。

【2676】高千穂交易(株)

東京都新宿区に本社を置く。
防犯・防災に関わるシステム機器ビジネスに取り組んでいる。防犯・防災とも国内外で関心が高まっているテーマであり、特に防犯については凶悪犯罪の抑止や、北朝鮮・シリア等のリスクへの対処の観点から需要が高まっている。

【3787】(株)フィックスターズ

東京都品川区に本社を置く。
ソフト開発ビジネスに取り組んでいる。画像処理を行えるソフト開発に取り組んだ実績があり、防犯カメラ画像を効率よく処理する上で、フィックスターズの技術が活用される可能性がある。防犯カメラ画像のチェックを省力化したいとの需要に応えれば業績への好影響が見込まれる。

【4902】コニカミノルタ(株)

東京都千代田区に本社を置く。
事務機ビジネスに取り組んでいる。市場が成熟していることから、事業を多角化し、業績が右肩下がりとなる事態を防ぐ必要がある。X線撮影装置など防犯対策にも役立つ技術を有しているため、監視カメラ需要増の流れから恩恵を受けられるかどうか要注目だ。

福ちゃんの監視カメラ関連銘柄まとめ

vineyard-1149495_960_720
北朝鮮、シリア情勢が不透明化している。また、ヨーロッパの先進諸国でテロが発生するなど監視カメラ需要は高まっている。日本でも東京五輪に向け監視カメラ需要は高まるとみられ、関連銘柄の業績アップが期待される。