生体認証とは、人間の指紋や静脈等をもとに本人確認を行う仕組みである。本人確認の精度を上げ、なりすましを防ぐための技術として期待されている。すでに生体認証は実用化されており、銀行ATMの中には指紋認証に対応している機器も見られる。
virtual-reality-1802469_960_720

生体認証が本人確認の主流となる可能性

police-869216_960_720 (1)
日本では、本人確認手続きの厳格化が進められている。近年では、マイナンバー制度の導入により、本人の取り違えを防ぐ取り組みが強化された。さらに、将来的には各種サービスを対面ではなくオンライン上で受ける割合が高まると考えられる。その結果、身分証明書を現物で提示する形式の本人確認は困難となる可能性がある。

現在でもオンラインで個人情報等に関わるサービスは利用されている。暗証番号で本人確認が行われるケースが大半であり、暗証番号の流出をいかにして防ぐかが課題となっている。生体認証を活用すれば、人間の体の一部を利用して本人確認が行われる。

体の一部であるがゆえに盗まれたり、推理されたりする危険性はない。国際的にも生体認証システムの導入は進んできており、今後は生体認証が本人確認の主流となることもあり得る。

PCやATMが生体認証に対応しつつある

censorship-610101_960_720
生体認証技術は着実に普及が進んでいる。PCやATMが徐々に生体認証に対応し始めているのだ。今後、さらに生体認証システムを採用する機器が増えると予想されている。インターネット上での送金や決済が増加しており、安全性の向上が急務だからだ。

実際、インターネット上で暗証番号情報を盗み取られるなどの被害が毎年発生している。生体認証を導入することで、犯罪が実現しにくい環境が整うことが期待される。導入のハードルとなるのがコストだ。しかし、コストは生体認証システムの需要が増加すれば、スケールメリットによって低下すると考えられる。

低コストで安全性を高められるとなれば、銀行をはじめとする大企業が生体認証システムを導入することが当たり前になり、一気に生体認証ビジネスが拡大すると見込まれる。

生体認証関連銘柄が注目されている理由とは?

bigdata-1423786_960_720
生体認証関連銘柄は、データをインターネット上でやり取りするケースが増えていることから、注目を集めている。効率よく、かつ高い安全性の元で本人確認を行うためには、生体認証が適しているからだ。生体認証を行うにあたっては、事前に本人の指紋や静脈などの状況をデータ化しておく必要がある。

これらのデータが収集されることに抵抗を覚える人も少なくないであろう。しかし、すでに銀行ATM等で導入されている生体認証では、暗証番号を忘れる心配がないなど、利用者側にもメリットが生じている。高齢者や子供であっても犯罪に巻き込まれるリスクが低い状態で安心して認証できる点も、生体認証のメリットと言える。

生体認証システムは一度導入されれば廃止は難しい。したがって、ビジネスチャンスを最初に掴みさえすれば、一定の収益を囲い込みやすい。収益が見通しやすいことも、生体認証関連銘柄の投資妙味を増している。

福ちゃん注目の生体認証関連銘柄

【3782】(株)ディー・ディー・エス

愛知県名古屋市に本社を置く。
指紋認証ソフトの開発に取り組んでいる。国内外でビジネスに取り組んでおり、売上高が着実に増加している。赤字が連続しており今後の業績には不安が大きいが、生体認証ビジネスの市場が拡大すれば、売上高の伸びと共に黒字転換することも期待される。

【3773】(株)アドバンスト・メディア

東京都豊島区に本社を置く。
音声認識技術を活用したソフト開発を実施している。文字起こしビジネスにも取り組むなど事業の多角化を進めているものの、多くの利益を出すには至っていない。認証技術の多様化が進めば、音声を利用した認証技術を提供するビジネスチャンスが期待できる。

【8704】トレイダーズホールディングス(株)

東京都港区に本社を置く。
トレイダーズホールディングスはFXビジネスを展開する企業だ。FXでは決済タイミングが数秒異なるだけで、損益に大きな影響が生じることがある。そのため、迅速な認証が求められている。トレイダーズホールディングスでは出資先企業がLiquidと呼ばれる高速な指紋認証システムを開発した。FXビジネスと認証ビジネスの相乗効果が期待される。

【3799】キーウェアソリューションズ(株)

東京都世田谷区に本社を置く。
NECが筆頭株主であり、密な取引関係を持っている。システムの開発や保守に取り組んでいる。生体認証ビジネスでは安定性の高いシステム構築が不可欠である。キーウェアソリューションズのシステムビジネスの実績が評価されれば大量受注につながる可能性がある。

【6702】富士通(株)

東京都港区に本社を置く。
事業の選択と集中を進めている。成長性が見込める事業に経営資源を集中する姿勢を示していることから、市場拡大が進む生体認証ビジネスにも積極的に取り組む可能性がある。富士通は有名企業であることから、生体認証システムの安全性に懸念を持つクライアントに対してもサービスを提供しやすい。

【6703】OKI

東京都港区に本社を置く。
銀行ATMをはじめとするシステム開発に取り組んでいる。ATMには今後、生体認証システムが大量に採用されることが見込まれる。ATMビジネスに強いOKIにとっては、ビジネスを急拡大させ、大幅な増収増益につなげるまたとないチャンスだ。

【3837】アドソル日進(株)

東京都港区に本社を置く。
大規模なシステム開発に取り組んでいる。システム開発企業の中でも特に規模の大きな案件に強みがある。生体認証システムは安全性を確保するためにシステム規模が大きくなりがちだ。したがって、アドソル日進の強みが生体認証システム開発に生きると考えられる。

福ちゃんのまとめ

building-1839464_960_720
生体認証システムでは、安全性の確保が重要である。したがって、システム開発実績が豊富な有名企業が恩恵を受ける可能性が高い。ひとたびシステム開発を受注すれば保守ビジネスで長期にわたり利益を確保しやすくなるメリットもあるため、生体認証関連銘柄は短期だけでなく中長期でも保有意義が見出せるのではないか。