tarantula-nebula-1757135_960_720

様々な企業で水素関連株の動向が期待されている。
水素は次世代エネルギーとして、注目されており各企業も水素関連に力を入れている。
今後普及されるであろう水素が世間を賑わし水素関連株が上昇すると思われる。

水素関連が世間を賑わせている理由の一つとしてパリ協定が11月4日発行されることが決まったことが深く関わっているだろう。
このパリ協定がなぜ水素関連株に関わってくるかを説明しよう。

パリ協定


eiffel-tower-1156146_960_720

11月4日発行されることが決まったパリ協定。

パリ協定とは、球温暖化対策に世界全体で取り組んでいくための国際的な議論の場を指す。
2015年秋に21回目の会議がパリで開催されたため、この会議をCOP21またはパリ会議と呼ぶ。そして、COP21で採択されたのがパリ協定という国際的な取り決めだ。

パリ協定は産業革命間からの世界の平均気温上昇温室を1.5~2度未満に制御することをを目指している。


パリ協定が水素関連株に影響を与える理由


pit-crew-583028_960_720

世界中が地球温暖化対策を加速させている中、日本が地球温暖化対策に遅れをとっていることが水素関連株に影響してくると思われる。
地球温暖化対策の遅れを取り戻すために日本政府が立ち上がり、二酸化炭素削減の指示を出している。
日本政府が二酸化炭素削減を目標に水素関連に目をつけ、企業や自治体の力を借り対策をしている。
日本政府が急速に二酸化炭素削減を目指していることから、水素関連株の上昇が期待できると思われる。


水素


biphenyl-836118_960_720

水素原子2つが結合して安定した水素分子。
あらゆる物質のなかでもっとも小さく軽くて拡散性があり、ペットボトルやガラスビンなども簡単に通過してしまうほど。
常温では無色、無臭で味もしない。
宇宙で最初に作られた物質が水素である。実は宇宙は水素だらけなのだ。
「燃えやすい」イメージもあるけど、素早く飛び回りすぐに散り散りに。4%以上の濃度にならなければ燃えない。

最近はクリーンエネルギーとしても注目、工業・産業でも幅広く活用されている。
二酸化炭素を排出しないこクリーンなエネルギーとして水素を使うことが出来ることから地球温暖化対策として注目されている。
地球温暖化対策として、二酸化炭素を排出しない水素が今後10~20年先に二酸化炭素削減の有効な手段になる。


水素関連株が福島復興に影響を与える


lapadu-1385450_960_720

安倍首相の発表によると、東日本大震災や東京電力福島第一原発事故で莫大な被害を受けた福島県に復興のカギとして、再生可能エネルギーをつかった世界最大級の水素工場を建設する。
この水素工場を建設をすることで、水素自動車1万分の燃料に相当する年間90トンの水素を製造できる規模になる。
この水素工場を手掛けるの企業も水素関連株の企業と言えるだろう。


水素関連株


【7203】 トヨタ自動車(株)

愛知県豊田市に本社を置く。
自動車で世界シェアトップクラスの企業だ。

水素自動車のMIRAIを発売しているトヨタ。
MIRAIの価格は税込みで723万6000円。
初年度の目標販売台数は400台としている。
なお、ハイブリッドカー初代プリウスの販売価格は215万円であり、プリウスの販売価格を大きく上回るが、発表会の記者会見時に加藤光久副社長が「採算のお話はできません」と語ったように、現在時点ではMIRAIは採算割れしており、トヨタの収益には貢献してないものと思われる。

【8088】 岩谷産業(株)

大阪府大阪市に本社を置く。
産業、家庭用ガス専門商社だ。

岩谷産業は関西圏の企業だが関東圏に本格参入している。
また水素関連株では筆頭として取り上げられる銘柄で、昨日は子会社の山口リキッドハイドロジェン株式会社が液体水素の製造能力を現行の2倍に増強する。
液体水素の製造は岩谷産業グループが国内のシェア100%だ。

【6391】 (株)加地テック

大阪府堺市に本社を置く。
石油化学など各種プラント向けに特殊ガス圧縮機製造そしている企業だ。

四季報には「水素ステーション用圧縮装置は独自技術生かした固定式に強み、燃料電池車普及見据え一段拡大狙う。」とある。
実際受注は好調のようで前年同期比50%増、水素関連での数字が出てきているようだ。

【5406】 (株)神戸製鋼所

兵庫県神戸市に本社を置く。
鉄鋼などを主に行う企業だ。

トヨタの水素自動車MIRAIの燃料電池は水素を高圧力で圧縮しており、高い耐久性と機密性が求められる。
その中で、基幹部品である燃料電池セパレータ用チタン材を納入しているのが神戸製鋼所である。
また、神戸製鋼所は水素ステーション向け高圧水素圧縮機を始めとする水素ステーション部品も製作しており、隠れた水素関連株といえる。

【4091】 大陽日酸(株)

東京都品川区に本社を置く。
産業用ガス国内シェアトップの企業だ。

産業ガスの供給とプラントエンジニアリングを主な事業としている太陽日酸は、水素ステーションの設置に参入している。
太陽日酸の特徴はコンパクトな水素ステーションを提供できることであり、特に『ハイドロ シャトル』と呼ばれるパッケージ型水素ステーションは、トレーラートラックに搭載した移動式水素ステーションを展開できる点が特徴である。


水素関連株一覧


【3441】 (株)山王
【5020】 JXホールディングス(株)
【6299】 (株)神鋼環境ソリューション
【6331】 三菱化工機(株)
【6366】 千代田化工建設(株)
【6772】 東京コスモス電機(株)
【6901】 澤藤電機(株)
【7012】 川崎重工業(株)


株大臣のまとめ


エコでクリーンなエネルギー水素が今後社会に普及していくのは、10~20年後だと思われる。
地球温暖化対策として注目されていることからかなり熱い関連株だと言えるだろう
水素関連株は、短期で注目するのではなく、長期で注目してほしい。
水素が普及するまで10~20年かかることから水素関連株は長期で注目するべきだと言えるだろう。

※免責事項※
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の
推奨や投資助言では御座いません。
あくまでも筆者による個人的見解であり、
筆者が個人的に判断した情報に基づき
構成されております。
その正確性について、
保証などするものではありません。
株式投資は自己判断と自己責任に
よるものであり、
当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は
一切の責任を負いかねますことをご了承ください。