次世代蓄電池関連銘柄

今後、リチウムイオン電池に取って代わる「ポスト・リチウムイオン電池」と呼ばれる次世代蓄電池が注目を集めている。将来的に電池の主流になるかもしれない可能性があるからだ。EV(電気自動車)が世界的にどんどん普及していっている今、次世代蓄電池への注目度も年々増加。次世代の電池として期待される「マグネシウム電池関連銘柄」、「全個体電池関連銘柄」などが賑わいをみせている。値上がりを続出している次世代蓄電池関連銘柄は是非ともチェックしておく必要があるだろう。

次世代蓄電池

現在、蓄電池として利用されているリチウムイオン電池は、1991年にソニーが商品化し、蓄電池業界に革命をもたらしたもの。その結果、スマホや電気自動車を実現させることができた。しかし、サムスン製のスマホで発火事故が起きるなど安全性に問題があった。そんな中、注目されているのが次世代蓄電池(全個体電池マグネシウム電池など)だ。全個体電池(液体を使わず全て固体で構成された電池)は、早ければ2年後にも実用化されると言われている。蓄電量はリチウムイオン電池の2倍。充電も速く、液漏れの心配もない。100度の高温にも耐えることができる。近い将来、蓄電池はリチウムではない他の金属を使うことになる。その理由として、リチウムは高価で希少。輸入に頼る日本にとって、元素戦略上のリスクが大きいからだ。リチウムに代わる金属(マグネシウムやカリウム、ナトリウムなど)で蓄電池を作る道が模索されている。

次世代蓄電池関連銘柄・直近チャート

<7203>トヨタ自動車

<5218>オハラ

<6937>古河電池

<4800>オリコン

<3891>ニッポン高度紙工業

 

東芝が開発した次世代リチウムイオン電池

2017年10月3日東芝が「次世代リチウムイオン電池(次世代SCiB)の試作に成功した」ことを発表した。負極材料に一般的な黒鉛ではなく、チタンニオブ系酸化物を用いたこの次世代リチウムイオン電池は、約2倍の容量を持つのが特徴。エネルギー密度が高く、超急速充電が可能ということで、EV(電気自動車)に適している。また、電池の劣化や短絡の原因となる金属リチウムの析出が無く、耐久性と安全性に優れたこの次世代リチウムイオン電池。32kWhの蓄電池を持つEVに搭載してみたところ、6分間の超急速充電で、走行距離を3倍の320km(従来のリチウムイオン電池を搭載したコンパクトEVと比較)に延ばすことが可能になった。現在東芝では、2019年度の製品化を目指し、電池のエネルギー密度のさらなる向上を図っている。

マグネシウム電池がぞくぞくと商品化

化石燃料に頼らない!水と塩さえあれば発電する「マグネシウム電池」を使ったLEDライトなどの製品が2017年に入ってから続々と発売されている。日立マクセルが水と塩だけで約80時間連続点灯するLEDランタンを発売。古河電池、藤倉ゴム工業からは非常用の電池(海水や雨水を入れるだけで携帯機器などを充電することができる)が発売されている。
マグネシウム電池にはリチウム電池に比べて以下4つの利点がある。
・高いエネルギー密度
・資源量が豊富
・安全性が高い
・低コスト
リチウムイオン電池の問題や課題を大きく改善すると注目を集めているマグネシウム電池は、次世代電池として実用化が期待されている。

次世代蓄電池関連銘柄・関連記事&材料

次世代蓄電池関連銘柄に関係してくる記事は過去にもいくつか紹介している。
オススメ材料と併せて、是非とも見てほしい。

マグネシウム電池関連株

リチウムイオン電池関連株 【4109】ステラ ケミファ(株)

ノーベル賞関連銘柄 2017年注目の関連銘柄は?

トヨタ自動車とマツダ自動車が業務資本提携

 

次世代蓄電池関連銘柄・福ちゃん的解説

次世代蓄電池関連銘柄 <7203>トヨタ自動車

2017年7月には「2022年にも全固体電池を搭載したEV(電気自動車)を国内販売する」と発表し、全固体電池関連銘柄やEV関連銘柄、次世代蓄電池関連銘柄としての勢いに拍車がかかった。全固体電池を用いたEVで、もしトヨタが覇権を取ることができれば、エコカー戦略で後れをとった分が帳消しになり、余りある恩恵を受ける可能性が十分あるだろう

この銘柄に関する詳しい情報を配信しているサイトは⇒こちら

次世代蓄電池関連銘柄 <5218>オハラ

2016年8月には、全固体リチウムイオン電池(酸化物系の材料を使用)の試作に成功したことを発表した。酸化物系の無機固体電解質を用いた全固体電池は低温化での特性が著しく低下してしまう(全固体電池は界面抵抗が大きいため)のだが、オハラはこの課題を試作においてクリアしている。次世代蓄電池関連銘柄としても有望視することができる銘柄だと言えるだろう。

この銘柄に関する詳しい情報を配信しているサイトは⇒こちら

次世代蓄電池関連銘柄 <6937>古河電池

ITデバイス(スマホやタブレットなど)やEV(電気自動車)、ハイブリッド車などで利用されているリチウムイオン電池に代わる電池の開発にしのぎを削っている。次世代蓄電池への需要が高まる中、同社は、既に非常用のマグネシウム空気電池「マグボックス」を凸版印刷と共同で手がけているマグネシウム電池の最有力候補と言えるだろう。

この銘柄に関する詳しい情報を配信しているサイトは⇒こちら

次世代蓄電池関連銘柄 <4800>オリコン

2014年の10月、特許庁から子会社のオリコン・エナジーと東北大学、独立行政法人産業技術総合研究所が「マグネシウム燃料電池を実用化していくにあたり、基本特許ともいえる発明」が特許権を取得したと発表された。マグネシウム燃料電池の特許権を子会社が取得しているという意味でも、面白い次世代蓄電池関連銘柄といえるだろう。

この銘柄に関する詳しい情報を配信しているサイトは⇒こちら

次世代蓄電池関連銘柄 <3891>ニッポン高度紙工業

電気絶縁体セパレーターの専業大手で、主にEV向けの2次電池用セパレーターを手掛けているが、サムスン日本研究所と共同で「固体電解質シートと全固体二次電池」の特許を出願している。そ次世代蓄電池関連銘柄として是非とも注目しておきたい銘柄といえるだろう。

この銘柄に関する詳しい情報を配信しているサイトは⇒こちら

 

次世代蓄電池関連銘柄・福ちゃん的まとめ

ポスト・リチウムイオン電池」と呼ばれる次世代蓄電池は、将来的にリチウムイオン電池に取って代わる可能性をもった今後の期待が大きい電池である。世界的にEV化の流れが激化している今、ますます需要が高まるだろうと思われる。次世代蓄電池関連銘柄からしばらくは目がはなせないだろう。