もう2017年も残すところ残りわずかとなった。今振り返ってみれば、今年はとにかく市場は好調だったと言えるだろう。

個人的にも今年は、フィスコのソーシャルレポーターとして記事を配信したり、急騰株を掴んでいたりと、かなり充実した一年だったように思える。

なんと言っても、日経平均株価が26年ぶりに高値を出したのもその象徴の一つ。地合いの良さからも、その時期は俺も意気込んで投資していたため、少々当ブログの更新がおろそかになってしまったりもしていたが、おかげで下半期は特に利益を出す事が出来た

そこで実際に俺がその時銘柄選びをするにあたり、体感した話を今日は少し話したい。とにかく地合いが良い時こそ欲目がちになるため、銘柄選びも悩みやすい傾向になる。伸びている時こそ、売買のタイミングが難しいからだ。

そこで俺は、1人の頭脳より、複数の頭脳を大きく利用しようという手段に出た。プロとして、金商登録されている株の専門サイトの情報を、とにかく利用できるだけ利用したのだ。これは、1ヶ月ほど前に自ら実践していたことだから、実証済みの話だ。一人で収集する情報は範囲も狭く、時間もかかる。しかし、専門サイトは情報が早い上、実際に急騰となった銘柄も前もって配信したケースも度々ある。これを狙わない手はなかった。

中でも今回お世話になったのは、最近も「モリテックスチール」に急騰前から注目していた株プロフェットだ。

株プロフェットが目を付ける今投資すべき銘柄はこれだ!≫

ここは提供する個別銘柄の選び方に魅力を感じるサイトといえる。最近では、先ほど紹介したEV関連銘柄から<5986>モリテックスチールの急騰を先読みしていた。

<5986>モリテックスチール

推奨時株価:295円

推奨後高値:760円

【推奨後上昇率:157.62%】(株価2.57倍)

圧巻の結果だ。

同社は電気自動車向けの充電器を手掛けており、今主流のテーマ株と言えるEV関連銘柄として期待の銘柄だ。EV関連は様々なテーマ株が紐づいている事から、他社の好材料から、不祥事まで、いろんな観点から動意づきやすい。株プロフェットもそのあたりからこの銘柄にたどり着いたようだ。

また、この銘柄だけでなく、今年推奨していた銘柄で印象的なのは、やはりテンバガーとなったあの<3825>リミックスポイントだろう。

年初めの頃はまだリミックスポイントも今ほどメジャーではなかった。

<3825>リミックスポイント

推奨時株価:146円

推奨後高値:1,820円

なんと、半年で+1146.57%というテンバガーとなった。

結果的にこの推奨銘柄はテンバガーになったわけだが、実の所、推奨日の1月4日から3週間後ほど株価は2.5倍になっており、これだけでも十分な利益が取れていた。俺はこの時点で売りに転じてしまったわけだが、株プロフェットを利用している人の中では、そのままホールドしてテンバガーとなった人も多いはずだ

 

こんな感じで実績を挙げだすとキリがないが、俺はこの時の自分の失敗が忘れられず、今回まさに「サイトが提供する銘柄をとにかく利用しまくる」という手法に打って出たわけだ。

 

結果的に、テンバガーとまではいかなかったが、予想通り、一人で頭を使い、体力も削って投資するスタンスとは程遠いほど、労せずに利益を上げる事に成功している。それほどまでに、情報の早さと的確さには長けているサイトとして重宝させてもらっている。

こういう市場が好調な時の相場は、得てして短期トレードで利益を得やすい。

そんな2017年の年末だからこそ、今こそが狙い目でもある。

年が明けて地合いがどう変わっているかもわからない今、このタイミングでプロのサイト情報を利用するのは今しかないチャンスかもしれない。

今回俺が数多く利用した株プロフェットも、年末に向けて色々と提供銘柄の情報を仕込んでいる。同じように利益を上げたい人は、まず体感してみる事から始めるのも悪くないだろう。

株プロフェットが目を付ける今投資すべき銘柄はこれだ!≫

株プロフェットの利用方法

利用方法はいたってカンタンだ。
ヤフーなどのフリーアドレスでもいいので、アドレスをひとつだけパソコンやスマホから登録するだけでいい。

~利用手順~

  1. ページ上部の「メールアドレスを入力してください」というところにアドレスを入れ、「急騰期待銘柄をメルマガで入手する」というボタンをクリック。
  2. 直後、サイトから仮登録の返信メールが来るので、そのメールにある「登録を完了する」とあるURLをクリック。
  3. これだけで登録は完了。あとはサイト内で、無料でみれるコンテンツをいくらでも閲覧できる。
  4. もちろん自分から有料登録しない限り永久的に無料で使い続けられるので、その後はメルマガやサイトで定期的に配信される無料情報をチェックする。

俺のような片っ端から提供銘柄に投資する使い方もできるが、まずは日頃の情報収集のツールとして無料登録で使うのが良いだろう。

※もちろん面倒になったり、必要なくなったらすぐさま退会できるし、フリーアドレスならそのまま使わなければそれでも問題ない。

株プロフェットが目を付ける今投資すべき銘柄はこれだ!≫