訪日外国人観光客数が増加している昨今、2020年に控えている東京オリンピックをピークに国内の旅行産業は、まだまだ活性化していくことが予想される。特に大型連休になると海外へと出掛ける人も少なくない。格安航空券やオンラインサイトなどの普及が旅行産業を支えるきっかけとなっている。そこで今回は、旅行関連銘柄を紹介していく。

現在の主流な旅行の仕方

いまや旅行先は国内だけに絞られず、世界各国を対象に多くの人が旅立っている。中でもハワイを代表とするリゾート地は日本人観光客にも人気が高く、大型連休などを利用して現地で楽しんでいる人も少なくない。このように旅行の仕方は年々多種多様化してきており、国内旅行会社も増加傾向にある。

旅行関連が注目されている理由とは?

近年、旅行の仕方が多様化してきた背景には、格安航空券やオンラインサイトなどの存在が大きい。特にサービス面を最低限にした格安航空機は航空路線が増加中であり、今後も拡大していくだろう。そして2020年には自国開催の東京オリンピックを控えているといううこともあり、そこをピークに国内の旅行産業はまだまだ活性化していくことが予測される。海外旅行需要が伸びている昨今において、旅行関連銘柄は株式市場においても大きく注目されている。

 

旅行関連銘柄・関連記事&材料

旅行に関係してくる記事は過去にもいくつか紹介している。
オススメ材料と併せて、是非とも見てほしい。

ウィンターストック関連銘柄

コト消費関連銘柄

民泊関連銘柄

 

旅行関連銘柄・福ちゃん注目の直近チャート

<9603>エイチ・アイ・エス

<9726>KNT-CTホールディングス

<6548>旅工房

<9722>藤田観光

<6098>リクルートホールディングス

 

旅行関連銘柄・福ちゃん的解説

旅行関連銘柄 <9603>エイチ・アイ・エス

格安航空券の先駆け的存在で、海外旅行および国内旅行の企画・販売・手配を行う総合旅行会社。国内外に多くの拠点を構え、6大陸すべてを網羅している。海外旅行が主力の総合旅行会社で、長崎のハウステンボスの経営も担っていることで知られる同社。他にも関連会社でロボットの設計や活用のコンサルティングなどを手掛けている。またホテル事業も加速している中で、最近では海外の企業を子会社化するなど事業の拡大を図っている。このことからも旅行関連銘柄として注目度は高い。

この銘柄に関する詳しい情報を配信しているサイトは⇒こちら

 

旅行関連銘柄 <9726>KNT-CTホールディングス

近鉄グループにおいて旅行業に関わる企業を統括する持ち株会社。団体旅行事業、個人旅行事業、メディア型旅行事業の3事業を中心に手掛けている。個人旅行・団体旅行を扱う旅行会社で、業界2位の売上を誇っている同社。近畿日本ツーリストとクラブツーリズムの経営統合によって発足し、スポーツやインバウンド事業に注力している。最近では雇用環境の改善をしたことによって、それが事業の追い風となっている。利用旅行客も順調に増加傾向にあり、旅行関連銘柄として注目されている。

この銘柄に関する詳しい情報を配信しているサイトは⇒こちら

 

旅行関連銘柄 <6548>旅工房

海外旅行・国内旅行を取り扱う総合旅行会社で、ネット専業。各エリアに専門のコンシェルジェが常駐し、ユーザーに合ったプランを提案してくれる。インターネット経由でパッケージ旅行商品の販売を行い、個人向け海外旅行商品に強みを持っている同社。担当地域に詳しい現地のコンシェルジェが旅行内容をカスタマイズするなど自由旅行できる部分に特色がある。2017年4月に上場したばかりではあるものの、海外旅行券を扱うトラベルコと連携を開始させるなど、旅行関連銘柄として注目を集めている

この銘柄に関する詳しい情報を配信しているサイトは⇒こちら

 

旅行関連銘柄 <9722>藤田観光

三話グループに属し、ホテルや結婚式、レジャー事業を展開している。椿山荘、太閤園などの高級宴会場。ワシントンホテルなどビジネスホテルを手掛けている。東京目白「椿山荘」や大阪「太閤園」等の婚礼・宴会施設で有名で、ビジネス向けのワシントンホテルの収益が柱となっている同社。訪日外国人客の増加に伴い、ホテルの稼働率も上昇傾向にある。また小涌園等のリゾート産業も展開しており、旅行関連銘柄としても期待されている

この銘柄に関する詳しい情報を配信しているサイトは⇒こちら

 

旅行関連銘柄 <6098>リクルートホールディングス

求人広告、人材派遣、人材メディア、販促メディアを中心に事業を展開し、いくつものグループ企業によって数多くのメディアを手掛けている。販促メディア事業、人材メディア事業、人材派遣事業等を展開し、海外人材募集療育において集客投資を強化している同社。人材メディア事業では「Indeed」の高成長が続いている。また国内最大級の旅行予約サイト「じゃらんnet」の展開、北海道から九州まで旬の情報を発信する「じゃらん」などによって、旅行関連銘柄としても期待値は大きい

この銘柄に関する詳しい情報を配信しているサイトは⇒こちら

 

旅行関連銘柄・福ちゃん的まとめ

外国人旅行観光客数の増加に伴い、インバウンド事業や民泊関連事業が盛んになってきている。また2020年に控える東京オリンピックをピークに国内の旅行産業も活性化していくことが予測されている。実際に主要50社の旅行者数は増加傾向にあり、株式市場でも関連銘柄は注目を集める存在となっている。