宇宙関連銘柄

温暖化をはじめ地球環境が悪化する中、宇宙への関心は高まっている。インターネットの爆発的普及に伴う通信衛星の整備も宇宙関連ビジネスだ。宇宙分野ではまだまだ未知の事柄が少なくない。そのため、高い成長性が期待できる産業と言える。
satellite-67718_960_720

「宇宙産業ビジョン」による宇宙ビジネス拡大に期待

space-shuttle-992_960_720 (1)
日本は宇宙開発ビジネスにおいて、アメリカなどから後れを取っている。成長性の高い宇宙産業に日本も積極的にかかわるために、日本政府は「宇宙産業ビジョン」の策定に取り組んでいる。

宇宙を単に探索するだけではなく、打ち上げた衛星から得られるデータを活用するなど、利益に直結しやすい取り組みが促進されることとなろう。地球上の資源には限りがある。新興諸国の発展に伴って資源の争奪戦は今後も激化するだろう。

地球だけでなく宇宙全体からビジネスチャンスを見つけることができれば、先進諸国も新たな成長ビジネスに取り組み、経済成長につなげられると言える。日本には種子島宇宙センターがあり、人工衛星の独自打ち上げが可能だ。宇宙産業ビジョンをきっかけに、日本の宇宙産業の発展が期待される。

民間企業の参入が増えれば宇宙ビジネスが活性化

andromeda-galaxy-755442_960_720
日本は宇宙ビジネスへの関心が決して高くなかった。JAXA主導の宇宙開発となっており、民間企業の活力をうまく取り入れることができていなかったからだ。各種規制がハードルとなってベンチャー企業が活動しづらいといった課題は、徐々に克服されつつある。

そのため、今後は日本でも宇宙ビジネスに取り組むベンチャー企業が増加するのではないか。日本では起業に対する支援も徐々に手厚くなってきている。高い技術力を有する企業も数多いことから、ベンチャー企業との連携に期待できる。

既存企業も、中長期的な成長が見込まれる宇宙ビジネスへの関心は決して低くない。有望なベンチャー企業があり、政府による後押しも受けられるとなれば、宇宙ビジネスへの投資額を増やすところも出てくるだろう。

宇宙関連銘柄が注目されている理由とは?

rocket-launch-67723_960_720
宇宙関連銘柄は、世界各国で通信量が増大し、通信衛星の重要度が高まっていることから注目を集めている。今後もIoT時代の到来により通信量はさらに増える見通しだ。衛星ビジネスは今後も成長が期待できる。

また、北朝鮮によるミサイル開発が進むなど、地政学リスクが高まっていることも、宇宙関連銘柄への関心につながる。北朝鮮のミサイル開発状況は、米国による衛星が監視を行っている。今後、より防衛上のリスクが高まれば、宇宙からリスク国を監視する体制を強化する必要が生じる。

さらに、自動運転車が普及するためには、GPS情報が重要となる。GPS情報は宇宙空間の衛生から取得される。そのため、自動運転車ビジネスが拡大すれば、宇宙ビジネスの発展にもつながる。

福ちゃん注目の宇宙関連銘柄

【9412】(株)スカパーJSATホールディングス

東京都港区に本社を置く。
「スカパー!」ブランドによるCS放送ビジネスで高い知名度を誇っている。主力はCS放送だが、衛星開発ビジネスにも積極的だ。衛星ビジネスでは防衛省など官とも取引があり、政府による宇宙ビジネス促進策が追い風になりそうだ。

【4839】(株)WOWOW

東京都港区に本社を置く。
衛星放送ビジネスに取り組んでいる。少子高齢化が進む日本では家庭で長時間にわたりテレビ放送を楽しみたい層が増加している。WOWOWの売上は増加傾向である。今後も魅力的な放送を続ける上で、衛星の存在は不可欠である。

【7011】三菱重工業(株)

東京都港区に本社を置く。
インフラビジネス等に加えて、宇宙ビジネスに取り組んでいる。高い技術力を有しているほか、国産旅客機の開発に取り組むなど防衛にも寄与し得る企業だ。日本政府は防衛、宇宙の両ビジネスを促進していることから、三菱重工業は政策による後押しを受けられる可能性が高い。

【7013】(株)IHI

東京都江東区に本社を置く。
重機ビジネスに取り組んでいる。三菱重工業と比べて宇宙関連ビジネスが売り上げに占める割合が高い。そのため、宇宙ビジネス拡大による恩恵を受けやすい。自己資本比率がやや低く、ベンチャー等に積極投資できるかが懸念材料だ。

【3524】日東製網(株)

東京都港区に本社を置く。
漁業者向けに網を製造する企業だ。網メーカーと宇宙ビジネスは一見すると無関係に思える。しかし、高度な網製造技術は、宇宙で使用不能となった衛星などの宇宙ごみの回収に不可欠だ。宇宙ビジネス拡大となれば宇宙ごみも増加するため、ごみ回収用の網需要が高まると考えられる。

【6807】日本航空電子工業(株)

東京都渋谷区に本社を置く。
コネクタ製造に積極的な企業である。企業名からわかる通り、航空用電子機器の製造にも取り組んでいる。衛星や、衛星打ち上げに利用されるロケットには航空機以上の耐性や精度が求められることから、高度な技術を宇宙ビジネスに活かせる可能性がある。

【6709】明星電気(株)

群馬県伊勢崎市に本社を置く。
観測機器ビジネスに取り組んでいる。主力は気象観測用の機器だが、人工衛星用の観測機器も製造している。中期経営計画では宇宙関連ビジネスに積極的に取り組む方針を打ち出しており、政府の後押しも受けながら業績への貢献が期待される。

福ちゃんの宇宙関連銘柄まとめ

astronaut-2224929_960_720
宇宙ビジネスは現在も注目度が高く、今後さらに注目が集まると考えられる。日本でもようやく民間企業による宇宙ビジネス参入が後押しされる方向となっており、関連銘柄への資金流入が見込まれる。