人工知能(AI)関連銘柄

ここ数年で劇的に進化してきた人工知能(AI)。そういった背景からも現在、人工知能(AI)関連銘柄は株式市場において知らない人は少ないほどの人気テーマ株といっていいだろう。そんな人工知能(AI)は、自動車の自動運転など、私たちの生活にも少しずつ欠かせない存在になってきている。今回は今からでも間に合う人工知能(AI)関連銘柄を紹介しておこうと思う。
binary-2326144_960_720

人工知能(AI)

digitization-2170795_960_720
まずは簡単に人工知能(AI)について改めて触れておきたい。
人工知能(AI)とは、Artificial Intelligenceの略称だ。コンピューターが人間のような知能を持ったシステムのことを言う。人工知能(AI)自体は、何十年前から開発されていたが目立った進化は見られなかった。

その人工知能(AI)が「ディープラーニング」技術の発達で一気に進化を遂げている。「ディープラーニング」の仕組みは正直言って難しすぎて私自身も全てを理解しているとは言えない。「ディープラーニング」を日本語でいうと「深層学習」となり、簡単に説明すれば、機械がより人の心理を深く学習するというものだ。

りそな銀行、人工知能(AI)エンジンを導入

forward-2083419_960_720
国内大手銀行のりそな銀行が、6月21日にFRONTEOが開発した人工知能(AI)エンジン「KIBIT」を導入すると発表した。りそな銀行によると「各営業店の担当者と利用者とのやりとりなどの面談記録をKIBITで解析して業務の改善に生かす。」としている。

「KIBIT」は、人工知能(AI)関連技術「Landscaping」と行動情報科学を組み合わせた人工知能(AI)エンジンであり、FRONTEOが開発した日本製の人工知能(AI)エンジンだ。名前の由来として、「機微」(KIBI)と、情報量単位を表す「ビット」(BIT)を組み合わせた造語だ。

人工知能(AI)関連銘柄が注目されている理由

robot-2167836_960_720
今回発表があった、りそな銀行での人工知能(AI)エンジンの導入など、今後人工知能(AI)はさまざまなところで活躍する可能性がある。人工知能(AI)は高い経済効果をもたらすと予想されており、2035年には年間8.3兆ドルの粗付加価値が生み出されると予想されている。人工知能(AI)関連銘柄は今後非常に息の長いテーマ株となる可能性があるため、常に動向を見て長期的に注目しておきたい。

福ちゃん注目の人工知能(AI)関連銘柄

【3967】(株)エルテス

東京都千代田区に本社を置く。
エルテスは、リスク検知に特化したビッグデータ解析によるソリューションを提供している企業だ。ソーシャルリスクに関するノウハウが強みであり、デジタルリスクの予兆を解析するサービスも開始している。今年の1月18日に、「AI Operation Analytics」を発表しており、人工知能(AI)関連銘柄として期待できる銘柄だ。

【6031】サイジニア(株)

東京都港区に本社を置く。
サイジニアは、企業のネットマーケティング支援を展開している企業だ。人工知能(AI)を活用した新規サービスへ研究開発費用を投下しており、サイジニアも人工知能(AI)エンジン『デクワス.CAMERA』を発表している。『デクワス.CAMERA』は、人間が欲しいと思った商品を画像で見るだけで買い物ができてしまうという人工知能(AI)技術だ。今までにない画期的な人工知能(AI)システムを開発したことにより注目される企業だな。

【3914】JIG-SAW(株)

東京都千代田区に本社を置く。
ジグソーは、インターネットの自動運用サービスを提供するシステム運用会社だ。IoTビッグデータを使用した運用プラットフォーム「puzzle」を提供している。ジグソーはIoTに強みを持っており、人工知能(AI)とIoTの活用で注目される企業だ。

【3655】(株)ブレインパッド

東京都港区に本社を置く。
ブレインパッドは、データマイニングや企業行動の最適化支援の提供している企業だ。システム開発事業にも注力しており、ディープラーニングの技術も研究している。2015年10月には、自然言語処理エンジン「Mynd plus」を発表している。人工知能(AI)関連銘柄として今後注目できる銘柄だ。

【3753】(株)フライトホールディングス

東京都渋谷区に本社を置く。
フライトホールディングスは、システムの設計、開発を行なっている企業だ。今年の2月にソフトバンクが開発した人型ロボット「ペッパー」のプログラムを開発しており、人工知能(AI)関連銘柄として注目された銘柄だ。

福ちゃんの人工知能(AI)関連銘柄まとめ

digitization-2170799_960_720
人工知能(AI)は今やものすごい勢いで発展している。今後も様々な分野で人工知能(AI)が活躍することが期待されており、テーマ株としても期待されている分野だと言えよう。しかしまだまだ進化途中の技術ということで今後の動きは慎重にならないといけない。引き続き、人工知能(AI)関連銘柄の動きはしっかりチェックしておきたいところだ。