ホンダジェット関連銘柄

いつもブログを読んでくれている投資家の皆様、調子はどうでしょうか?
今回は、売り上げが好調な「ホンダジェット」について書いていこうと思う。関連銘柄はそんなに多くはないが、にわかに期待されているテーマ株なのでしっかりチェックしてもらえればありがたい。

ホンダジェット

「ホンダジェット」を知らない投資家の皆様は少ないと思うが少し説明しておく。「ホンダジェット」とは、本田技研工業とホンダエアクラフトカンパニーが開発した、ビジネスジェット機だ。主力の上にあるエンジンが特徴な航空機であり、動力源であるジェットエンジンも自社製という、世界的にも珍しい航空機だ。

1997年に開発を発表しており、当時から注目れていた。発表から6年後の2003年にアメリカ合衆国ノースカロライナ州グリーンズボロにあるピードモント・トライアド国際空港にて初飛行を行い、2015年12月10日に正式に販売を開始した。

ホンダジェット、販売世界一

航空機シェアで高いのがアメリカのセスナ社の航空機だが、ホンダジェットがセスナ社を抜き、小型ジェット機クラスで販売世界一となったと発表された。評価されている理由として、燃費のよさなどが好評だという。

ホンダジェットの価格は490万ドル(約5億4000万円)となっており、2017年上半期(1~6月)に24機を納入という実績を出している。現在の月生産数は4機となっているが、今後は月に6機から7機に引き上げつ予定だという。

福ちゃんが注目しているホンダジェット関連銘柄

【7267】本田技研工業

東京都港区に本社を置く。
本田技研工業は、日本を代表する自動車メーカーだ。文字どうり「ホンダジェット」を開発した企業だ。子会社であるホンダエアクラフトカンパニーと共同で、設計製造を行なっている。先ほども説明したが、今年小型ジェット機クラスで世界販売一となっており、航空機大手メーカーのセスナ社を抜くという快挙となっている。今後も「ホンダジェット」の需要は増えると考えられており、注目が集まっている。

【7011】三菱重工業(株)

東京都港区に本社を置く。
三菱重工業は、総合重機で国内トップの企業だ。発電設備や航空機分担品、交通システム、造船、機械などを手掛けている。国産旅客機の「MRJ」を開発中であり、「ホンダジェット」と並んで、小型ビジネスジェット部門で注目されている企業だ。しかし「MRJ」の開発は難航していると言われており、「ホンダジェット」に先を越されている状態だ。「ホンダジェット」の販売が好調なことを受けて、同社も小型ビジネスジェットに力を入れてくる可能性が十分ある。今後の活躍が期待できる企業だ。

【6433】ヒーハイスト精工(株)

埼玉県川越市に本社を置く。
ヒーハイスト精工は、産業機械向け直動ベアリングが主力の企業だ。小型製品に強みを持っており、半導体製造装置などの位置決め部品も手掛けている。主にホンダに部品供給を行なっており、「ホンダジェット」のベアリングなども製造している。「ホンダジェット」の売り上げが伸びれば、部品供給を行う同社は恩恵を受ける企業の一つだと考えられるな。ホンダジェット関連銘柄として十分期待できる銘柄だな。

【7251】(株)ケーヒン

東京都新宿区に本社を置く。
ケーヒンは、ホンダ系最大の自動車部品メーカーだ。燃料供給システムや電子制御ユニットなどを手掛けている。同社もヒーハイスト精工と同様にホンダに部品提供を行なっている企業だ。航空機にも電子制御ユニットなどは必要不可欠であり、航空機製造には欠かせない企業だ。ホンダジェット関連銘柄として今後の業績が期待できる企業だ。

【6701】NEC

東京都港区に本社を置く。
NECは、国内有数のITシステムを展開している企業だ。同社は航空機などに使われる制御システムなどを提供している企業でもある。ホンダジェットにも同社の制御システムなどは使われており、ホンダジェット関連銘柄として期待できる企業だ。航空機製造には欠かせない企業として注目が集まっているな。

福ちゃんのホンダジェット関連銘柄まとめ


ホンダジェットの売り上げが好調であり、この影響でライバル航空機製造会社が力を入れてくる可能性がある。さらにホンダジェットを納入することによって、今までかかってきた経費が軽減されるともあり、注目されているテーマ株だな。大きなテーマ株ではないが注目しておいて損はないと私は考えている。