フィンテックとは、情報技術や人工知能を活用した、金融の分野における新技術を意味している。ビットコインをはじめとする仮想通貨は、フィンテックの一例だ。仮想通貨に限らず、フィンテックの活用によって金融サービスの効率化が期待されている。金融を大きく変える可能性を秘めているだけに、フィンテックへの注目度は高い。ぜひフィンテック関連銘柄をチェックし投資に役立ててもらいたい。
bitcoin-495995_960_720

フィンテック

dollar-1362243_960_720
フィンテックは、近年急速に注目され始めた技術である。インターネットの普及によって金融ビジネスは大きく変化した。フィンテックの実用化が進めば、さらなる変化が金融業界にもたらされることとなると考える。

仮想通貨はフィンテックを活用している。仮想通貨を利用すれば、安全かつ手軽に決済を行うことが可能である。法整備が遅れていることなど課題も指摘されているが、決済コストが大幅に低下することで、仮想通貨がクレジットカードに代わる代表的な決済手段となることも考えられる。

フィンテック関連のビジネスに積極的に取り組むベンチャー企業も少なくない。フィンテックは初期投資が少なくて済むビジネスだからだ。新たな発想を次々と取り入れることで、フィンテックの進歩は今後さらに加速する可能性がある。

ブロックチェーン技術が文書管理にも応用される

ruble-1190465_960_720
仮想通貨システムに用いられているブロックチェーン技術も、フィンテックの1つである。ブロックチェーンとは、複数の取引を1つの鎖のように連続させて管理することで、取引の安全性を高める仕組みである。

ブロックチェーンは仮想通貨システムだけではなく、重要文書の管理にも応用されつつある。すでにドバイ政府はブロックチェーン技術を活用した公文書の管理に向けた取り組みを進めているのだ。

今後さらにブロックチェーン技術の信頼性が高まることが考えられる。安全なデータ管理にはブロックチェーンが不可欠となる時代になれば、フィンテックへの注目度は大いに高まっていると言える。ドバイ政府の取り組みが今後、主要先進国等へも広がりを見せるのか、要注目だ。

フィンテック関連銘柄が注目されている理由とは?

ruble-1190451_960_720
市場に様々なテーマがある中で、フィンテック関連銘柄への注目度は特に高い。フィンテック関連銘柄が注目される理由の1つが、ベンチャー企業の多さだ。IPO企業を含めて、フィンテック関連銘柄の大半が、近年設立された新興企業である。そのため、市場が適切な評価を模索している最中であり、賢明な銘柄選択をすれば莫大な利益を得られる可能性を秘めているのだ。

さらに、フィンテック関連銘柄は投資家にとって身近な金融関連の銘柄と言える点も、注目度の高さを支えている。金融関連の銘柄と言えば、安定高配当が魅力とのイメージが強い。しかし、フィンテック関連銘柄は大いなる成長性を秘めている。そのため、身近な金融関連銘柄ながら、成長性に期待できるという目新しさが、フィンテック関連銘柄の魅力を増していると言えよう。

注目のフィンテック関連銘柄

【3778】さくらインターネット

さくらインターネットは1999年設立、2005年上場の比較的新しい企業である。双日が筆頭株主である。PERが市場平均を大幅に超えて推移するなど、成長性に高い期待がもたれている企業である。業績の拡大もあって、すでに東証1部上場企業となっている。

【3853】インフォテリア

1998年設立、2007年上場の新興企業である。東証マザーズ市場に上場している。ソフトサービスを提供している企業であり、ブロックチェーン企業にも出資を行っている。売上高は右肩上がりとなる見通しで、今後の成長が期待される。

【2432】ディー・エヌ・エー

1999年設立、2005年上場の東証1部企業である。プロ野球球団の横浜DeNAベイスターズを傘下に置くことでも知られている。スマホゲーム開発に取り組んでいるほか、キュレーション事業も展開している。フィンテックをはじめとする新規技術導入にも積極的である。

【3696】セレス

スマホ向けのポイントサイトの運営企業である。2005年設立、2014年に東証マザーズ市場に上場を果たした。電子決済システムの分野で新たなサービスを展開することが検討されている。業績は右肩上がりが続いており、株価も高PERとなっている。。

【3917】アイリッジ

2008年設立、2015年上場の新興企業である。東証マザーズ市場に上場している。ネット店舗と実店舗の連携を図るO2Oを支援している。フィンテックに関連するアプリ開発を進めるなど、先進性の高い企業と言える。アイリッジ開発のO2O支援用アプリは地銀に導入されている事例もあり、実績が積みあがってきている。

【3031】ラクーン

1996年設立、2006年上場の東証1部企業である。企業間の電子商取引を行う「スーパーデリバリー」サービスを行っている企業だ。決済手段の多様化に取り組んでおり、ビットコインをはじめとする仮想通貨がビジネスに大きく関わってくる可能性がある。

【3769】GMOペイメントゲートウェイ

1995年設立、2005年上場の東証1部企業である。消費者向けの電子商取引を行う業者に対して、決済処理サービスを提供している。海外展開にも積極的な姿勢が見られる。GMOインターネットが筆頭株主である。売上高、営業利益とも右肩上がりで、成長性にも期待が持てる。

株大臣のまとめ

bitcoin-1813503_960_720 (1)
フィンテックは今後、さらにビジネスの裾野を広げていくこととなろう。フィンテック関連銘柄への注目は、波こそあろうが今後も継続していくと考えられる。押し目があれば積極的に投資するのもアリではないだろうか。