仮想通貨の一種であるビットコインは、信頼度を高めつつある。金などに代わる資産としての可能性も指摘されている。そして、ビットコインに投資する上場投資信託(ETF)が検討された。結果的にETF導入には至らなかったが、ビットコインの将来性を示した。
bitcoin-495995_960_720 (1)

決済コストが手軽なビットコインは魅力的

bitcoin-2007769_960_720 (1)
消費者や販売者が利益を確保するためには、手軽な決済手段を安価で利用できることが大切だ。ビットコインはブロックチェーン技術によって高い安全性が確保されている。そして、クレジットカードと比べて決済コストが格段に安い。

導入へのハードルがクレジットカードより低いことから、小規模な店舗でもビットコイン決済を取り入れやすいメリットもある。とはいえ、日本ではビットコインの普及が遅れている。マウントゴックス社の破たんにより一部のビットコインが消失したため、安全性に疑問を感じる人が多いのだ。

しかし、ビットコイン決済は着実に浸透を進めている。法整備に向けた取り組みも行われていることから、仮想通貨がらみの不正撲滅にも期待できる。

金に代わる有事の資産として評価される可能性

bitcoin-2057405_960_720 (1)
ビットコインの価格は、アメリカでトランプ大統領が就任して以降、大幅上昇した。世界経済の先行きが不透明になる中で、ビットコインに資金が流入したのだ。従来であれば、有事に備えた投資は金ETFに対して行われてきた。

今回も金ETFへの資金流入も見られたが、ビットコインへも資金が入ったことは注目に値する。ビットコインは円やドルといった国の法定通貨ではない。したがって、経済政策等の影響を受けづらいのだ。世界経済を揺るがすような事象が発生した場合も、ビットコインであれば価値が下落しづらいと考えられるゆえんである。

ビットコインETF登場は、法整備が未熟であることなどから見送られることとなった。しかし、ETFが検討されたことは、ビットコインが確実に評価を高めていることの裏返しではないだろうか。

ビットコイン上場投資信託関連銘柄が注目されている理由とは?

bitcoin-2007912_960_720
ビットコイン上場投資信託は、世界経済の将来が見通しづらくなっていることから、高い注目を集めている。世界的に保護主義が台頭しつつある中で、リーマン・ショック時からの金融緩和政策をどう収束させていくかも懸念材料だ。

世界経済の先行きに不安がある以上、金などの安全資産に投資したいところだ。しかし、金価格が高すぎると考える投資家もいる。そのため、新たな投資先としてビットコインへの注目が高まっている。日本ではビットコイン普及が遅れているが、購入時にかかる8%の消費税がなくなる予定であることなどから、利用者の増加が見込まれる。ETFが組成されればビットコイン価格の急騰も考えられる。利用者増はビットコイン関連技術を扱う企業にも恩恵をもたらすだろう。

福ちゃん注目のビットコイン上場投資信託関連銘柄

【3696】(株)セレス

東京都港区に本社を置く。
セレスは国内最大級のポイントサイト「モッピー」を運営している。スマホからの利用者が多い。貯めたポイントは電子マネー等に交換できる。ビットコイン普及が進めば、ポイントをビットコインに安価な手数料で交換できる時代が来ると考えられる。

【8306】(株)三菱UFJフィナンシャル・グループ

東京都千代田区に本社を置く。
日本で最大手のフィナンシャル・グループである。仮想通貨関連の投資に積極的である。ビットコインとは異なる独自の仮想通貨「MUFGコイン」を開発しており、大手都銀を抱える三菱UFJの信頼度を活かした爆発的普及の可能性を秘めている。

【8732】(株)マネーパートナーズグループ

東京都港区に本社を置く。
大手のFX企業である。FX取引に際しては、決済頻度が多くなる。安全で素早く、かつ低コストで決済を行うためにも、ブロックチェーン技術の活用が期待される。もっとも、ビットコイン投資が広がればFXトレーダーが減る懸念もある。

【3769】GMOペイメントゲートウェイ(株)

東京都渋谷区に本社を置く。
EC業者向けに決済サービスを提供している。クレジットカードや電子マネーといった決済手段が日本でも多くの人々に浸透している。今後、ビットコイン決済という新たな決済手段が一般化すれば、決済サービスがさらに多様化する。

【8473】SBIホールディングス(株)

東京都港区に本社を置く。
ネット証券ビジネスに取り組んでいる。バイオ関連を中心に、ベンチャービジネスへの投資にも積極的である。証券ビジネスではロボアドバイザーを導入するなど、新たな取り組みへの意欲が高い。ETF取り扱い本数も多く、ビットコインETFが登場すればラインナップに加わることも考えられる。

【4755】楽天(株)

東京都世田谷区に本社を置く。
ネット通販ビジネスに取り組んでいる。近年は新手のネット通販サイトの伸長もあり、業績の伸びが緩慢となっている。カードや証券、モバイルなどの総合力で他社との差別化を図りたい。フィンテック投資にも積極的である。

【8628】松井証券(株)

東京都千代田区に本社を置く。
ネット証券大手の一角である。サービスの幅はSBIなどと比べると見劣りするが、優れたサービス開発に取り組む姿勢は評価できる。松井証券は少額投資家向けの手数料が低めであることから、ビットコインETFといった少額分散投資に役立つ投資商品に関心を示す顧客が多いと考えられる。

福ちゃんのまとめ

bitcoin-1813505_960_720
ビットコイン上場投資信託がすぐに実現することはなさそうだ。しかし、ビットコインへの注目度の高まりは続いている。将来を見据えて関連銘柄への投資を開始してもよいのではないか。