ヒアラブル端末関連銘柄

最近注目されている次世代端末がある。それは「ヒアラブル端末」だ。耳につけるタイプのコンピューターとして、様々な企業が力を入れている。今後普及が進むとして市場規模も広がると予想されており、今後注目できるテーマ株だ。

ヒアラブル端末


ヒアラブル端末とは、耳につけるタイプのコンピューターだ。モバイル通信の機能を備えており、音楽を聴くことはもちろん、ノイズキャンセルや補聴器、GPSを使った万歩計や、人の体を管理する心拍数などを備えるとしているなど、日常で必要な機能が充実している端末だ。これらの機能がスマホなどの端末も見ずに聴くだけで把握できる。

昨年、Appleから発売されたAirPodsも初期段階のヒアラブル端末だな。ワイアレスであり、iPhoneのsiriとも連携してくれる。今後様々な企業から「ヒアラブル端末」が発売されると予想されている。

2020年には市場規模が160億ドル


「ヒアラブル端末」の市場は専門家の調べによると、2020年には160億ドルを越えるとされている。その理由として従来発売されている、イヤホンやヘッドホン、補聴器などの市場が「ヒアラブル端末」によって全て補われてしまうことだ。今まで、ウェアラブル端末として腕時計型だったり体に身につけ目で確認するタイプの端末が普及してきたが、「ヒアラブル端末」が普及することで今までのデバイスが必要なくなってしまう可能性がある。

さらにAR(拡張現実)やVR(仮想現実)とリンクさせるとの計画もあり、次世代技術の融合ともあり注目されている市場となっている。

ヒアラブル端末関連銘柄が注目される理由


先ほども説明したが、今まで普及してきた、イヤホン、ヘッドフォン、補聴器などが「ヒアラブル端末」のみで補われてしまう可能性がある。さらにはスマホなど今我々の生活に必要不可欠な端末も必要なくなってしまう可能性がある。

Appleが開発したAirPodsを筆頭に様々な企業が「ヒアラブル端末」に力を入れており、今後2020年までにかなり市場が広がる予想だ。投資家としては今のうちから注目しておいたほうがいいだろう。

福ちゃんが注目しているヒアラブル端末関連銘柄

【3165】(株)フーマイスターエレクトロニクス

東京都千代田区に本社を置く。
フーマイスターエレクトロニクスは、有機ELディスプレーやワイヤレスイヤホンなどを製造販売している企業だ。さらにEV向けパワー半導体や自動運転関連向け半導体なども展開している。イヤホンの老舗企業として「ヒアラブル端末」の市場に食い込んでくる可能性が十分あることから注目できる銘柄ではないだろうか。

【6628】オンキヨー(株)

大阪市中央区に本社を置く。
オンキヨーは、老舗の音響機器メーカーだ。オーディオビジュアル関連製品が主力となっており、ハイレゾのイヤホンなども販売している。「ヒアラブル端末」にはハイレゾギギュツモ必要不可欠となることから同社も注目できる企業ではないだろうか。

【6632】(株)JVCケンウッド

横浜市神奈川区に本社を置く。
JVCケンウッドは、主にカーナビやカーオーディオなどの車載機器を製造販売している企業だ。さらに無線通信システムや映像、音響機器、なども手がけている。無線通信システムの音響機器に強いことからもヒアラブル端末関連銘柄として外せない銘柄ではないだろうか。

【6758】ソニー(株)

東京都港区に本社を置く。
ソニーは、言わずと知れた大手電機メーカーだ。オーディオ関連にも力を入れており「ヒアラブル端末」開発を行っている。さらにVR技術の開発も行っており「ヒアラブル端末」との融合も計画しているという。ヒアラブル端末関連銘柄の本命かもしれないな。

【6976】太陽誘電(株)

東京都台東区に本社を置く。
太陽誘電は、セラミックコンデンサの製造制作をしており世界でトップシェアの企業だ。電子部品にはセラミックコンデンサが必要不可欠だ。もちろん「ヒアラブル端末」にもセラミックコンデンサが必要不可欠となってくる。「ヒアラブル端末」が普及すれば同社も恩恵を受ける企業だな。

福ちゃんのヒアラブル端末関連銘柄まとめ


ヒアラブル端末市場は今後かなり成長していく可能性がある。2020年までに160億ドルを越えるともされており注目できる市場だ。生活に必要不可欠のデバイスになる可能性があるとして今のうちに仕込んでおくべきではないだろうか。