年々市場規模が拡大し注目されているソーシャルゲーム。SNSの普及と相まって利用者も年々増えている。IT企業にとってソーシャルゲームは今や収益確保の大きな柱となっている。今年はどのようなトレンドが生まれるのだろうか。注目のソーシャルゲーム関連銘柄を紹介していこう。
candy-crush-1869655_960_720

ソーシャルゲーム

games-722105_960_720
ソーシャルゲームはウェブブラウザとSNSアカウントのみでプレイできるデームのことを言う。この手軽さから、広く普及した。プレイヤー同士のコミュニケーション機能や、基本プレイは無料で、アイテムなどで課金するシステムが特徴として挙げられる。携帯電話、スマートフォンの普及とともにソーシャルゲームもそれらを主戦場として発展を遂げてきている。

最近では、SNSプラットフォームを介さずに配信されるものも多く、ウェブブラウザではなくネイティブアプリに以降する流れができている。
これらについて、ソーシャルゲームと言う定義に当てはまるのか解釈が分かれるが、そのプレイシステムの類似性などから広義にはこれらも含めてソーシャルゲームと呼ばれている。

人気ソーシャルゲーム「グラブル」のアニメが放送開始

girl-1848478_960_720
テレビCM等でも有名な人気ソーシャルゲーム「グランブルーファンタジー」のアニメが2017年4月から放送されることが決定した。
ソーシャルゲームは他のメディアやコンテンツとのコラボレーションを展開することで、ゲームからアニメへ、アニメからゲームへ、と双方向的な広がりを見せることも多くある。

アニメが放送されることによって新規のゲームユーザーが増えれば、それだけゲーム自体の収益が上がることも予想される。アニメ自体、関連グッズなどの副次的商品が生まれ易いものだが、ソーシャルゲームの場合、ユーザーのコミュニティがさらにその広がりを促すことにつながり、全方向的な展開がされる場合が多くある。

一本のヒット作品が大幅な利益を生む

pokemon-1553995_960_720
ソーシャルゲームは一本ヒット作品が出るとその関連企業に大きな利益をもたらす。その要因として、一つには「ガチャ」と呼ばれるアイテム課金の仕組みがある。
これは従来の売り切り型のゲームと違い、ユーザーのプレイが進めば進むほど、利益が伸びる仕組みだ。このことは、ある側面ではユーザーに高額な請求を発生させてしまうというような問題点も含んでいるが、これに対して業界側も自主規制するなどの対策を取っている。

また、ソーシャルゲームは他のメディアやコンテンツなどと全方向的な展開が見込めるため、ヒット作が出れば加速度的に市場が広がる傾向がある。スマートフォンの普及とともにそのユーザー数も増え、それまでゲームをやらない層に浸透し、拡大を続けているソーシャルゲーム市場に注目が集まっている。

注目のソーシャルゲーム関連銘柄

【4751】(株)サイバーエージェント

東京都渋谷区に本社を置く。
サイバーエージェントは、「アメーバ」を主力として様々なネット事業を手掛ける企業だ。ソーシャルゲーム「グランブルーファンタジー」を展開するサイゲームスを子会社に持っており、同タイトルのアニメ化で同銘柄にも注目が集まると予想される。このことからソーシャルゲーム関連銘柄として期待できる銘柄だ。

【9697】(株)カプコン

大阪府大阪市に本社を置く。
カプコンは、老舗のゲームメーカーだ。過去の家庭用ゲーム機からソーシャルゲームにも展開しており、キャラクターなどのコンテンツが豊富なことも特徴だ。定番のキャラクターとソーシャルゲームのコラボレーションなどが強みになっており、ソーシャルゲーム関連銘柄として注目が集まっている。

【3904】(株)カヤック

神奈川県鎌倉市に本社を置く。
カヤックは、オリジナリティの高いゲームタイトルを多数リリースしている企業だ。ソーシャルゲーム部門の売上高は増加していて、同社の収益の柱となっている。テレビCMなども効果を出しているようだ。ソーシャルゲーム関連銘柄として注目しておいてもいいだろう。

【9684】(株)スクウェア・エニックス・ホールディングス

東京都新宿区に本社を置く。
スクウェア・エニックス・ホールディングスは、ゲーム大手メーカーであるスクエアとエニックスが合併してできた企業だ。「ドラクエ」と「FF」を軸に広範囲に事業展開している。有名タイトルを掲げてのソーシャルゲームにも進出していることから、ソーシャルゲーム関連銘柄として本命かもしれない。

【3632】グリー(株)

東京都港区に本社を置く。
グリーは、SNS「GREE」を中核の事業として成長してきた企業だ。SNSを中核事業としてきただけにソーシャルゲームにも強みを持っている。当初より基本無料の携帯向けブラウザゲームを展開してきたため老舗のソーシャルゲーム関連銘柄だ。

【3765】ガンホー・オンライン・エンターテイメント(株)

東京都千代田区に本社を置く。
ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、オンラインゲーム「ラグナロクオンライン」からスタートし、ソーシャルゲームにおいては「パズル&ドラゴンズ」が大ヒットした企業だ。関連企業にゲームアーツやアクワイア上など多くのゲーム企業がある。ソーシャルゲームに深く関わっていることからソーシャルゲーム関連銘柄としてオススメだ。

【3793】(株)ドリコム

東京都目黒区に本社を置く。
ドリコムは、ブログ、携帯ゲーム、ソーシャルゲームを主力とする企業だ。mixiやモバゲー、GREEなどのSNSプラットフォームにてゲームリリースの他、スマートフォン向けのゲームも展開している。一時期は赤字に転落したものの、現在では黒字回復を果たしている。ソーシャルゲーム関連銘柄として期待できるかもしれない。

まとめ

instagram-1789189_960_720
インターネットやSNSの普及と、独自の課金システムで広く普及したソーシャルゲーム。アニメなど他の業態との展開も大きく、ソーシャルゲーム関連銘柄は様々な要因で値動きがありそうだ。現代の代表的な産業と言えるソーシャルゲーム関連銘柄には今年も注目が集まりそうだ。