カジノ関連銘柄

観光産業の振興を図る日本では、カジノ誘致への取り組みが進められている。IR法案が成立し、誘致を希望する都市や地域も増えつつある。カジノ誘致が実現すれば国内初であり、関連企業には大きな恩恵がもたらされる。
roulette-1003120_960_720

地方都市が観光の起爆剤にする可能性

atlantic-city-234775_960_720
日本全体では訪日外国人観光客の大幅増により、観光産業が潤っている。しかし、観光需要増の恩恵を主として受けているのは東京や大阪といった大都市や、京都など観光名所の多い都市である。

観光名所が少ない地域では、訪日外客増の恩恵をあまり受けられていない。とはいえ、観光名所を新造することは困難である。そこで、カジノ誘致の波に乗って観光の起爆剤としたい自治体が出てきている。具体的には和歌山県がカジノ誘致に名乗りをあげている。関西空港からアクセスしやすい立地をアピールする計画だ。和歌山に限らず、地方都市の多くは人口減少に苦しんでいる。

観光産業を育成して訪問客の消費を取り込みたい中、カジノ誘致は魅力的な選択肢の1つだ。政府が進める地方創生との関連もあり、ギャンブル依存症患者を増やすといった批判を抑えられる可能性もある。

観光客の滞在長期化と1人当たり消費額増に貢献か

poker-2198117_960_720
訪日外国人観光客は日本で多くの消費を行い、人口減少社会に入った日本の消費を下支えしてくれる存在だ。しかし爆買い需要が一服した今、観光客の滞在時間を伸ばし、1人当たりの消費額を増やすことが課題である。

カジノであればホテルなどと合わせたIR(統合型リゾート)とすることで、長期間にわたる滞在を実現できる。カジノ単体で収益を上げることはもちろん、リゾート施設全体で見ればより多くの消費を促すことができるのだ。

日本の観光地としての魅力は、美しい四季折々の自然や多くの歴史的建造物などである。これらに関心の薄い層は日本を旅行先の候補として考えづらい。しかし、カジノ施設が整備されれば新たに日本旅行を計画してもらえる可能性が出てくるのではないか。訪日客の幅を広げるうえでも、カジノ誘致は有効な戦略と言える。

カジノ関連銘柄が注目されている理由とは?

card-1868267_960_720
IR関連法案が2016年に成立し、IR誘致を実現するための法律も2017年中に制定される可能性がある。国がカジノ誘致に前向きなこともあり、カジノ関連銘柄への注目度は高い。また、すでに大阪のほか和歌山など複数の地域がカジノ誘致に関心を示している。

したがって、法制度上カジノ誘致が可能となれば、海外企業も巻き込みながらスピーディーにカジノ施設整備が実現することも考えられる。候補地の1つである大阪では2025年万博開催も目指されている。

万博向けに整備された交通インフラを活用できれば整備コストを抑えることができ、採算面でもカジノ施設整備に関心を示す企業が増えるのではないか。観光産業が好調で関連銘柄には業績好調な企業も少なくないため、投資先としての魅力は大きい。

福ちゃん注目のカジノ関連銘柄

【6418】日本金銭機械(株)

大阪市平野区に本社を置く。
紙幣識別機および硬貨計数機を製造している。海外向け生産が多い。カジノ関連では、アメリカのカジノ施設向けの識別機や計数機で高いシェアを誇っている。日本にカジノ施設が誕生する際には、日本メーカーとして存在感を示しやすい。

【6428】(株)オーイズミ

神奈川県厚木市に本社を置く。
パチスロ機器の製造に取り組んでいる。近年は老人ホーム運営に取り組むなど事業の多角化を進めたが、業績への貢献度は低い。国内にカジノ施設が整備される際にはオーイズミの技術を活かすことができるため、業績回復材料として期待できる。

【4681】リゾートトラスト(株)

名古屋市中区に本社を置く。
リゾートホテルビジネスで国内トップの企業である。ゴルフ場運営にも取り組んでおり、幅広いリゾートビジネスを手掛けている。カジノ誘致の際には統合型リゾート施設が整備される計画であり、リゾートトラストが火事の以外のリゾート施設ビジネスで実力を発揮するチャンスが生まれる。

【6097】日本ビューホテル(株)

東京都台東区に本社を置く。
「ビューホテル」ブランドで国内各地にホテルを展開している。訪日外客の増加もあって業績は上昇傾向であり、カジノ誘致でさらなる訪日需要が高まれば業績の後押しとなる。統合型リゾート施設にホテルは必須であり、ホテル各社との競争に勝てるかどうかが重要だ。

【6548】(株)旅工房

東京都豊島区に本社を置く。
2017年4月にIPOを行ったばかりの新興企業だ。オンラインで旅行や航空機を手配できるサービスを提供している。てるみくらぶ問題の影響が懸念されるが、旅工房の業績は順調で訪日外客数の伸長が業績に好影響を与える。カジノ整備が前進すれば訪日外客のさらなる増加が見込まれ、直近IPO銘柄である旅工房への関心も高まる可能性がある。

【9024】(株)西武ホールディングス

埼玉県所沢市に本社を置く。
関東大手私鉄の西武鉄道に加えて、プリンスホテルを運営している。売上高が右肩上がり傾向と業績は好調である。鉄道ビジネスが安定していることからホテルビジネスへの投資もしやすく、耐震工事が一巡するころにカジノ施設向け投資ができればタイミングもよい。

【9722】藤田観光(株)

東京都文京区に本社を置く。
箱根小涌園エリアに新ホテルを展開することで注目を集めている。外国人観光客も関心を持つ高いブランド力を有していることから、IR施設内のホテル候補としてもふさわしいと言える。箱根エリアの再開発に次ぐ一手としてカジノ関連ビジネスに取り組めば、業績への貢献が期待される。

福ちゃんのカジノ関連銘柄まとめ

children-1931189_960_720
IR誘致を実現するための法律も2017年中に制定される可能性がある。国がカジノ誘致に前向きなこともあり、カジノ関連銘柄への注目度は高いく、今後注目できる銘柄ではないかと考えるぞ。